20代で転職した方が良い理由。未経験でも挑戦できる20代は可能性に溢れている

スポンサードリンク

「とりあえず3年」

会社に入ると周りの人間がこぞってこの言葉を使う。
「とりあえず3年は会社を辞めずに働け」という意味で使われることばだが、ぼくはそんな言葉をフル無視して社会に出て3年間で5回ほど転職をしています。

新卒した会社に至っては4ヶ月で辞めています。

そんなコロコロと仕事を変えているぼくでも、転職をすることで社会のことをよく知れるきっかけになりました。自分の周りの友人と比べても広い知識もついたしスキルもついた。

今の仕事を辞めたいと少しでも思っているのであれば、今すぐ転職した方が良い。

その理由を語っていこうと思う。

20代は可能性に満ち溢れている

20代は可能性に満ち溢れています。
そんな可能性でいっぱいなのに一つのことで終わってしまうのは勿体ないと思いませんか?

ぼくはフィットネス業で仕事をしていましたが、全く数字を残せない典型的なダメ社員でした。
毎日上司から、早く契約をとれと圧をかけられぼくの仕事に対するモチベーションは低下していきましたね。

人と会話することがあまり好きではないけど、フィットネスが好きという理由だけでパーソナルトレーナーをやっていたのですがこれが全くぼくには向いてなかったんですね。

 

ぼくが向いていたのは一人でコツコツと作業をするような仕事。

そんな仕事を探して見つけたのがITの業界でした。

IT業界に移ってからは気持ちもかなり落ち着いて、他から圧をかけられることも少なくなったので自分のペースで仕事をできるようになりました。結果もそこそこ出て収入もアップ。

 

これはぼくの例ですが、他にもぼくのように業界を変えたら以前より前向きに仕事ができるようになった人は多くいます。

モチベーションが下がっている状態で仕事をすることに意味も意義もゼロ。
会社も上司もあなたもお客さんも誰もハッピーになりません。

  • 仕事を辞めたい
  • この仕事向いてないな

こんな風に感じたら即転職して新しい人生をあゆみ始めましょう。

関連記事:20代で転職する時におすすめの転職サイト・転職エージェント7選

20代前半なら未経験でも挑戦できることが多い

ぼくは、フィットネス業界2年、IT業界で1年Webライターをやっていた経験しかないですが市場価値の高いエンジニアとして働き始めることもできました。

全くの未経験です。IT企業で働いていた経験はありますがその間エンジニアの業務には一切携わっていません。

これってぼくが20代前半だったから未経験でもこんな風に転身できたんですよ。
30代とか40代とかになると一切会社は相手にしてくれませんからね。

自分にあった仕事を探すタイミングは20代しかないということなんですよ。

会社に潰されるくらいなら辞めた方が良い

よく過労死とか長時間労働が原因で自殺とかニュースになるけど、なんでその前に辞めないのかなと思うんですよね。

会社を辞めることで失うものなんて会社の看板くらいですよ。
それよりも自分の時間が増えた方が良いと思いませんか?

給料が減る?

いやいや、今は大手企業に属さなくても高収入を得ている人なんてかなり多いですよ。

ぼくも個人メディアで月に20万以上副収入を得ていますからね。

 

給料が減るリスクを恐れたり、会社の看板を失うリスクを恐れたとしても死んでしまっては意味がないじゃないですか。

一番に死ぬリスクを減らしましょうよ。

働き方改革が推奨されて自由な働き方の会社も増えてきていますよ。

結論:一つの会社に居続けることに価値はない

一つの会社に居続けることってもうほとんど価値がないんですよね。

ぼくは会社なんて踏み台だとしか思っていなくて、味がしなくなったらすぐに捨てるつもりですよ

ある程度その会社でスキルを身につけたら、次の会社でさらに上のスキルを身につけにいく。

こんな考えで生きています。

 

上司や会社、周りに反対されるのを恐れて退社の意も伝えられないメンタリティでは何もできないし、その会社にいても洗脳されて終わりですよ。

自分の意思も伝えられないメンヘラを早く卒業しましょう。

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。







この記事が役にたったらシェアしてね!

ABOUTこの記事をかいた人

元パーソナルトレーナーで現在IT企業勤務。ブログで4万円程の収益をあげています。基本的にめんどうな事は嫌いです。 一度ハマると飽きるまで熱中するタイプ。