寝転びながら映画を見れる Anker Nebula Capsule II

動画ストリーミングサービスが充実してきて、家で映画を見て過ごす。なんていう生活は一般的になってきました。
僕もその一人で、休日の暇なときはNetflixやAmazonプライムビデオを見て過ごしています。

テレビを持っていないため、PCやiPadでしか映画を見ることができなかったんですね。
一人で見るだけならPCの画面サイズでも十分なんですけど、問題は姿勢

映画を見終わった後、めちゃめちゃ肩や首が凝ってるんですよ。
映画一本の時間、だいたい2時間くらいPCの画面を見続けていたら良くない姿勢になっているわけです
元パーソナルトレーナーとしてこれは良くないと。

というわけで何か良い方法がないか探して見たら、めちゃめちゃ良い姿勢で映画鑑賞できるアイテムを見つけました。

それがAnker Nebula Capsule II

天井にプロジェクターを向けることで寝転びならが映画を見れる

上の画像で本体の上と下に付いているのを使えば天井にプロジェクターを向けた状態で固定することができます。

こうすることで天井をスクリーンとして活用でき、寝転びながら映画を見ることができるんですよね。

寝ながら映画が見れるため、猫背になる心配もありません。

リモコン操作でベッドから出ずに映画を視聴を終えることができる

また、この視聴法の良いところはベッドから出ずに視聴を終えることができることです。

Anker Nebula Capsule IIはリモコン操作ができるので眠くなったら、指一本で電源を消して
そのまま寝ることができるんですよ。

部屋はすでに暗くしてある状態なので、本体の電源を消したら後は寝るだけ。

一度ベッドから出て、部屋を暗くするという工程がなくなるのは楽でしかない。
一日の終わりに映画を見て、気持ちよく翌日を迎えられるのがAnker Nebula Capsule II

アプリをインストールすれば、スマホでも操作可能

専用アプリ Nebula Connect(CapsuleControl)を使えばスマホからも操作可能になります。
(付属のスタートアップガイドからダウンロードできます。)

スマホの画面はこんな感じ。
この画面上でスクロールしたりタップしたりすることで全ての操作が可能です。

劇場の座席より楽な姿勢で見たいならAnker Nebula Capsule IIは必須

ベッドに寝てるだけの姿勢で映画を見ることができるのはめちゃめちゃ楽ですよ。
「スマホでも寝ながら見れるじゃん」という意見があるかもしれないですけど、寝てる状態で目線にスマホを保持するのめっちゃ疲れるからね。あれ。

youtubeの5分くらいの動画一本とかなら耐えれるけど、2時間は流石に無理でしょ。
寝る前は、体のどこにも負荷かけずにリラックスして見たいじゃん。

世の中に存在する映画視聴方法において最も楽な視聴方法が、Anker Nebula Capsule IIを使った天井投影ですよ。