質屋アプリ「CASH]を使ってみたら即金で8000円ゲットしたった。

スポンサードリンク

2017年6月28日リリースのスマホアプリ「CASH」がSNSで大変盛り上がってました。

物の写真をAIが15秒ほどで査定してくれてるとのこと。

試しにぼくも使ってみました。

この記事で使っている写真はCASHより引用させていただいております。

質屋アプリCASHとは?

「目の前の物が一瞬でキャッシュに変わる」という今までになかったアプリ。

今すぐにお金が必要だ。という時にこのアプリは機能する。

キャッシュを得る流れはこう

  1. アプリをダウンロードする
  2. アプリで対象アイテムの写真をとる
  3. AIが査定額を決める
  4. キャッシュが受け取れる

その後、2ヶ月以内に対象アイテムを送るかキャッシュ額に15%上乗せして返金するかの2つの選択肢から1つ選択し実行すれば取引は完了。

スポンサードリンク

G-SHOCKとDIESELの腕時計を査定してもらった

家に査定してもらえそうな物あるかなーと探したら全く使っていない腕時計が二つありました。

今後も使う気ないし家に置いてあっても邪魔なのでいい機会でした。

実際に査定してもらったところ

G-SHOCKが3500円、DIESELが4700円の査定額でした。

まさかの8000円超え。

 

正直ここまで価値がつくと思ってなかったので嬉しいぃぃ。

 

キャッシュの運営会社の株式会社バンクからぼくの口座にも入金がありましたよ。

なんとアプリをダウンロードしてから10分も立たずにお金をもらえちゃいました。家の中でもほとんど動いてないですからね。ほぼ座ったままお金が振り込まれた笑。

なんかもうすごい時代ですね。

 

そして、忘れちゃいけないのがここから2つの選択肢のうちどちらを選択するか。

1.キャッシュ額に15%上乗せして返金する(ぼくも場合8200円のキャッシュだから1230円プラスの8430円)

2.二つの時計を株式会社バンクに送る

 

ぼくは2の商品を送ることにします。損したくないし。

1の方は、商品を担保にお金を借りるイメージだね。15%は利子。

メルカリで売るよりも割りが良い

このCASHはお金を借りる目的で行うとちょっと損した気分になるけど、もともと売るつもりだったものをキャッシュに変えるとめっちゃ割りが良いんですよ。

例えば、メルカリは売れるまで時間がかかるし、入金日があらかじめ決められているのでそれまで時間がかかる。

それに発送料も出品側か購入者のどちらかが負担することになるので運営側は一切何も負担しない。

 

しかし、CASHは即金で入金されるし発送にかかる送料も運営者側が負担してくれるし集荷の依頼もアプリで簡単にできます。

梱包のダンボールと緩衝材は自分で準備する必要があるけど。

 

ぼくは100均で緩衝材を買って、ダンボールは100均の店員さんにお願いしたらタダでもらえましたよ。

利益率を考えるとメルカリよりも良いですよ。

 

今後は、時計や電子デバイスなど箱で送らなきゃいけないのはCASHで現金化して書籍とかはメルカリを使おうと思ってる。

この記事を読んだ人は次の記事も読んでいます

インターネットを使ってビジネスしたい人が真っ先に読むべき本を紹介する

お金を稼ぐのに最も重要なスキル。セールスコピーライティテングを学ぶべき。

ファイナンシャルアカデミー新宿本校でお金の教養講座を受けての体験談。







この記事が役にたったらシェアしてね!

ABOUTこの記事をかいた人

元パーソナルトレーナーで現在IT企業勤務。ブログで4万円程の収益をあげています。基本的にめんどうな事は嫌いです。 一度ハマると飽きるまで熱中するタイプ。