月100時間読書する僕が20代におすすめするビジネス本を厳選して紹介!!【書評】

スポンサードリンク

どうも。月に100時間は読書をしているすとぅーです。

ぼくは高校生くらいから自己啓発の本を読んでいて、21歳でビジネスを始めたときからビジネス本を読むようになりました。

ビジネス本を読んで仕事に対するモチベーションをあげたり、集客に悩んだときにマーケティングの本で学ばせてもらってました。

現在も日々本で勉強をさせてもらっているのですが、その中で「これはとてもいい本だな」と思ったものや「この本再現性高っ」て思ったものを今回紹介していきたいと思います。

自己啓発系

夢をかなえるゾウ:水野敬也

まずおすすめしたいのが『夢をかなえるゾウ』です。
この主人公がガネーシャというゾウと出会い、人生を幸せにいきていくためにガネーシャから与えられるミッションを主人公が一つ一つクリアしていく物語となっています。

よく「人間性を鍛えろ」という言葉を耳にしますが『夢をかなえるゾウ』はそんな人間性の本質を書いてある本ですね。
とくに学生に読んでほしい!

本音で生きる:堀江貴文

堀江貴文さんの本の中でぼくが最も好きなのがこの『本音で生きる』という本。
ぼくは、人間関係でどうしても気を使って思っていることを言えない、発信できないような人間でした。

「相手に尽くすことと馴れ合いは違う」

この言葉は『本音で生きる』の中に書かれた言葉ですが、ぼくの心にささりました。

目的を持ったもの同士が目的を達成するために相手に尽くす。なんのやる気もないやつに構っている必要はない。

この言葉で大きくぼくは人間関係を断捨離し以前より生きやすくなったんです。

人間関係などに悩んでいる人におすすめなので是非読んでみてください。

嫌われる勇気:岸見一郎

『嫌われる勇気』は外に出られずに引きこもっている青年のエピソード。

本書では「〇〇だから外に出られない」というできない言い訳ばかりを青年は並べていく。

こういう人は現実世界でもよくいますよね。「時間がないから」、「お金がないから」などのできない言い訳。

嫌われる勇気ではアドラー心理学をもとに、こういったできない言い訳を一刀両断していきます。

できない言い訳をするのは、結局自分を傷つけずにすむ一番簡単な方法なんですよ。

当てはまるなと思ったら読んでみてください。

ビジネスに対する考え方を学ぶ本

インターネットビジネスマニュフェスト:リッチ・シェフレン

この本はビジネスに対する考え方の本質を教えてくれる本です。

なぜ、あなたのビジネスの売り上げが上がらないのか?なぜビジネスがうまくいかないのか?

全てこの本の中に書いてあります。

以前こちらの記事でも紹介しましたが、ビジネスがうまくいかない理由は本質を捉えていないからなんです。

ぼくもこの本を読む前まではとにかくいろんなことに手を出しましたが全く結果が出ませんでした。

でも、この本を読み考え方を改めることで収益が2倍、3倍と右肩上がりになっていったんですよ。

今すぐビジネスを好転させたい、売り上げをあげたい、稼ぎたいという人は必見。

期間限定で定価2980円が(税抜き)が無料!(送料550円のみ)

無料期間が終わる前に手に入れてくださいね。

合わせて読みたい!

90%の人が知らない売れるビジネスの本質。

マーケティング

ドリルを売るには穴を売れ:佐藤義典

本書はマーケティングについてストーリー形式でとても分かりやすく説明されています。

マーケティング本というと洋書を訳したものが多いのですが、本書は日本人の方が書かれているので内容がしっくり入ってくるんですよ。

本のタイトルにもある通り、ドリルを売るためには穴をうる必要があるんですよ。

どういうことかというと、お客さんはドリルが欲しくてドリルを買うわけではないんです。

 

お客さんの心理としては穴が欲しい。だから穴を空ける道具であるドリルを買うんです。

 

こういったお客さんは、本当は何を欲しがっているのかを見極めることがお客さんを集めるポイントなんですね。

集客に悩んでいる方は必読ですよ。

コピーライティング

ビジネスにおいてコピーライティテングのスキルはとっても大事な要素です。

コピーライティングがうまいと面白いくらいにお客さんを集めることができ、売り上げも上がっていきます。

  • チラシを作って撒いても全然反応がない
  • ブログを書いても全く問い合わせがない

このような悩みがある人はコピーライティングが下手であると言えます。

現代社会は情報に溢れているので、その中でお客さんに興味を持ってもらうためにはコピーライティングの力が必要なんですよね。

その重要なコピーライティングスキルをつけるのにうってつけの本を紹介します。

ウェブセールスライティング習得ハンドブック:寺本隆裕

本書はお客さんを行動させるための文章術を学べる本です。

行動させるというのは、「商品を購入してもらう」「問い合わせをもらう」「会員登録をしてもらう」などです。

お客さんが自分のサービスや商品を知り、興味を持ち、欲しくなり、購入するまでの心理のフローを促すための文章術がとても分かりやすく書かれています。

 

そしてこの本のすごいところは、再現性が高いこと。

僕もブログからの収益が1000円ほどしかない時にこの本を読み、3ヶ月で4万円くらい収益が上がるようになりました。3ヶ月で40倍ですよ。

そして、今でも収益は毎月右肩上がりに伸びています。

こちらの本も日本人が書いている本なのでめちゃくちゃ内容が入ってきやすいので下手な洋書を読むより全然良いんですよ。

しかも、今申し込むと3980円(税抜)が特別価格の2980円(税抜)

さらに30日間は返金保証ありというキャンペーン中です。

売れる文章をかけるようになりたいなら今すぐ購入すべき!

まとめ

というわけで、ぼくが今まで読んだ本の中でタメになった本、良書を紹介してきました。

ビジネスは数字が求めらますし、自分の収入にも直結してくるのでとにかく早く好転させたいですよね。

今回紹介した本の中でもインターネットビジネスマニュフェストウェブセールスライティング習得ハンドブックはとてもぼくが収益向上に直結した再現性のある本です。

何万とするビジネス系のセミナーにも参加しましたが、正直それを超えるような内容が含まれています。

しかも何回も読めて理解も深まるので、本にお金を投資することは最もコスパのよい投資ですよ。

 







この記事が役にたったらシェアしてね!

ABOUTこの記事をかいた人

元パーソナルトレーナーで現在IT企業勤務。ブログで4万円程の収益をあげています。基本的にめんどうな事は嫌いです。 一度ハマると飽きるまで熱中するタイプ。