コーヒーのダイエット効果

コーヒーのダイエット効果

スポンサードリンク

コーヒーにはダイエット効果、すなわち脂肪を分解してくれる効果がありのを知っていますか?

コーヒーに含まれるカフェインが脂肪燃焼をサポートしてくれます。

首都圏を中心にカフェなどが目立ち、現在ではコンビニなどでも手軽にコーヒーを購入できる環境となっています。

コーヒーを飲んでいるだけで大人なイメージを作れるだけでなく、身体も大人な女性に変えることができるかもしれませんよ。

この記事ではなぜダイエットに効果的かをお伝えしていきます。

普段コーヒを飲む人も飲まない人も是非読んでほしい記事となっております。

どんなコーヒーを飲めばいいのか?

コーヒーの種類はブラックコーヒです。砂糖などが含まれていない純粋なコーヒーですね。

ダイエットに取り組んでる方にとって砂糖は敵なわけです。コーヒーに脂肪燃焼作用があるからといっても砂糖を摂取してしまえば意味がありません。

ですのでカフェなどでコーヒーをオーダーするときはブラックを頼みましょう。

スターバックスコーヒーでなら、いっぱい100円でお代わりもできますし。笑

コンビニで缶コーヒーを買うときも無糖のものを買いましょう。

カフェインが脂肪を分解してくれる

カフェインには体脂肪分解の作用だけではなく糖質分解酵素阻害作用も期待できます。

酵素活性を阻害し、血糖値の上昇を抑制することができます。

また、緑茶と合わせて飲むとで緑茶に含まれるエピガロカテキンガレード(EGCG)とカフェインの二つの相互作用が消費カロリー増加に作用されます。

ですので、摂取タイミングは朝とトレーニング前です。

どのくらいの量を飲めばいいのか?

コーヒーを飲むといってもどのくらいの量を飲めばいいのかが気になりますよね。

コーヒーは缶コーヒーの量で1日にだいたい3杯から5杯くらい飲むのが理想です。

少し時間をあけながら飲むのがいいですね。

また、夜に近い時間に多く飲みすぎるとカフェインの覚醒作用で眠れなくなる場合もありますので、午前中に2杯から3杯くらい飲んでおいて、昼過ぎにもう1杯、3時過ぎくらいに最後の1杯くらいがいいかと思います。

夕方6時を過ぎて飲むと僕の経験だと寝つきに影響が出ました。

普段から寝つきのいい方は多少夕方を過ぎて飲んでも寝つきにそれほど影響しないかもしれませんが、あまり寝つきが良くない方は早めに飲んでおいた方がいいですね。

また、コーヒーは朝に飲むことで脳を覚醒させてくれます。仕事の生産性を上げたりしてくれる効果も期待できますので是非朝に飲むことをオススメします。

健康促進の効果も高まりますので是非試してみてください!!

 







コーヒーのダイエット効果

この記事が役にたったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

高校時代は野球推薦で入部するも怪我により、野球人生を終える。 現在は、ブログを通して、誰かの役に立てればという思いで様々な情報を発信しています。 趣味は読書。オススメの本とかも紹介していきます。