ダイエット目的なら有酸素運動はするな。痩せたいなら筋トレをしろ

有酸素消耗

スポンサードリンク

ダイエット目的で有酸素運動だけを行なっている方って多いんですよね。

走ることが目的ならぼくは何も言いませんけど、ダイエット目的で有酸素運動を行っているのなら、まず一旦やめて筋トレを初めてみた方がいいですよ。

ダイエットって、体重を減らすことじゃないんですよ。体脂肪量を減らすことですからね。

有酸素運動を長くやれば、それはもちろん体重は落ちますよ。でも体脂肪率はおそらく減ってないかむしろ増えている可能性も高いですね。

体重さえ減ればいいという方は、そのまま有酸素運動のみを行ってもらえばいいですが、筋肉量が減って少し運動を休んだらすぐ太ってしまいやすくなります。

なので、ぼくはダイエット目的なら筋トレをオススメします。

今回はダイエットに有酸素運動が向かない理由を説明していきます。

スポンサードリンク

ダイエット時はなるべく筋肉量を減らさないようにするべき

筋肉って人間の体で唯一熱を発生してくれるものなのです。筋肉が熱を発生する時にエネルギーを使うのですが、筋肉量が減ると発生するエネルギーも少なくなってしまいます。

そのため、エネルギーに使われる脂肪や糖質があまり使われなくなるために体の中に脂肪としてたまりやすくなってしまうんですね。

有酸素運動のみは筋肉が激減する

有酸素運動しか行っていない方は、筋肉量が激減している可能性が高いです。

運動中にアミノ酸など相当な栄養補給をしていないと、筋肉は減ってしまいます。

また有酸素運動は、筋トレのようにインターバルがなく長時間の継続的運動なので筋肉の分解が続いてしまいやすいです。

もし有酸素運動をやる時は、アミノ酸を摂取し息が上がるまでは強度を上げずに有酸素運動を行いながら会話ができるくらいの強度で行いましょう。

運動中はBCAAを推奨する

基礎代謝量が落ちる

基礎代謝というのは、人間が最低限必要なエネルギー量のことです。
例えば、1日の基礎代謝量が1500kcalだったら1日何もしていなくても1500kcalは消費するという事になります。

この基礎代謝量が下がると、1日に消費するカロリーが減ってしまうので、摂取したカロリーの方が大きくなってしまう可能性が高くなってしまうわけですね。

ダイエットでカロリーの収支が全てに影響するわけではないですが、消費カロリーよりも摂取カロリーが大きくなりすぎると太るのは当たり前ですよね。

摂取カロリーを極端に減らすのは健康上あまり良くないので、基礎代謝を向上させ消費カロリーを増やす努力をしていきましょう。

ダイエットしたいならまずは筋トレから

ダイエットしたいなら、まずは筋トレで筋肉量を増やす努力を行いましょう。

筋肉量が増えれば、基礎代謝が増え、何もしなくても消費するエネルギーが増えるのでダイエットの成果も出やすくなります。

筋肉を増やすって一見、ダイエットとは逆の方向いってない?と思われがちですが、筋肉量が少なければいくら運動を頑張っても効果は出づらいのです。

女性よりも男性の方が体脂肪が減りやすいのはこのためです。

女性はホルモンの関係上、筋肉がつきにくいので男性よりも体脂肪率が高くなる傾向にありますが、これは仕方がない事です。

しかし、筋肉量を増やしていく努力を怠れば、どんどん太りやすくなっていってしまうため女性も筋肉量を増やす努力は必要だと思います。

無料でプロのトレーナーのカウンセリングが受けれます。




なんとあのRIZAPのトレーナーのカウンセリングが無料で受けれちゃいます。

普通はプロのトレーナーに無料で話を聞けるチャンスはなかなかありません。

このカウンセリングでは、無料であなたの悩みにあったメニュープランを作ってくれるそうです。

無料カウンセリングでアドバイスをもらって、あとは自分で取り組む!でもいいですし、興味があればそのまま入会するのもアリだと思います。

せっかくの無料のチャンスですので、受けないと損かもしれません

ダイエットは情報命なので、知識を学びに行くつもりで受けてきてください!
入力は3分ほどで終了するので是非。







有酸素消耗

この記事が役にたったらシェアしてね!

ABOUTこの記事をかいた人

高校時代は野球推薦で入部するも怪我により、野球人生を終える。 現在は、ブログを通して、誰かの役に立てればという思いで様々な情報を発信しています。 趣味は読書。オススメの本とかも紹介していきます。