• IT企業転職メリット 20代のIT転職
    IT業界未経験でIT企業に転職した僕が感じるIT業界で働くメリット
    2017年4月7日
  • IT転職 20代のIT転職
    20代IT未経験でITホワイト企業に転職した僕がオススメする転職サイト
    2017年3月12日
  • IT最強説MV 20代のIT転職
    IT業界特化型のFacebook求人アプリ【Nexstar】IT転職にオススメ
    2017年4月9日
  • 20代のIT転職
    20代で転職する時におすすめの転職サイト・転職エージェント7選
    2017年6月7日
  • 20代のIT転職
    20代で転職した方が良い理由。未経験でも挑戦できる20代は可能性に溢れている
    2017年10月21日
  • 20代のIT転職
    【厳選】20代未経験でエンジニア転職するならチェックしておくべきサービス
    2017年8月12日
スポンサードリンク

ダイエット目的で有酸素運動だけを行なっている方って多いんですよね。

走ることが目的ならぼくは何も言いませんけど、ダイエット目的で有酸素運動を行っているのなら、まず一旦やめて筋トレを初めてみた方がいいですよ。

ダイエットって、体重を減らすことじゃないんですよ。体脂肪量を減らすことですからね。

有酸素運動を長くやれば、それはもちろん体重は落ちますよ。でも体脂肪率はおそらく減ってないかむしろ増えている可能性も高いですね。

体重さえ減ればいいという方は、そのまま有酸素運動のみを行ってもらえばいいですが、筋肉量が減って少し運動を休んだらすぐ太ってしまいやすくなります。

なので、ぼくはダイエット目的なら筋トレをオススメします。

今回はダイエットに有酸素運動が向かない理由を説明していきます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ダイエット時はなるべく筋肉量を減らさないようにするべき

筋肉って人間の体で唯一熱を発生してくれるものなのです。筋肉が熱を発生する時にエネルギーを使うのですが、筋肉量が減ると発生するエネルギーも少なくなってしまいます。

そのため、エネルギーに使われる脂肪や糖質があまり使われなくなるために体の中に脂肪としてたまりやすくなってしまうんですね。

有酸素運動のみは筋肉が激減する

有酸素運動しか行っていない方は、筋肉量が激減している可能性が高いです。

運動中にアミノ酸など相当な栄養補給をしていないと、筋肉は減ってしまいます。

また有酸素運動は、筋トレのようにインターバルがなく長時間の継続的運動なので筋肉の分解が続いてしまいやすいです。

もし有酸素運動をやる時は、アミノ酸を摂取し息が上がるまでは強度を上げずに有酸素運動を行いながら会話ができるくらいの強度で行いましょう。

運動中はBCAAを推奨する

基礎代謝量が落ちる

基礎代謝というのは、人間が最低限必要なエネルギー量のことです。
例えば、1日の基礎代謝量が1500kcalだったら1日何もしていなくても1500kcalは消費するという事になります。

この基礎代謝量が下がると、1日に消費するカロリーが減ってしまうので、摂取したカロリーの方が大きくなってしまう可能性が高くなってしまうわけですね。

ダイエットでカロリーの収支が全てに影響するわけではないですが、消費カロリーよりも摂取カロリーが大きくなりすぎると太るのは当たり前ですよね。

摂取カロリーを極端に減らすのは健康上あまり良くないので、基礎代謝を向上させ消費カロリーを増やす努力をしていきましょう。

ダイエットしたいならまずは筋トレから

ダイエットしたいなら、まずは筋トレで筋肉量を増やす努力を行いましょう。

筋肉量が増えれば、基礎代謝が増え、何もしなくても消費するエネルギーが増えるのでダイエットの成果も出やすくなります。

筋肉を増やすって一見、ダイエットとは逆の方向いってない?と思われがちですが、筋肉量が少なければいくら運動を頑張っても効果は出づらいのです。

女性よりも男性の方が体脂肪が減りやすいのはこのためです。

女性はホルモンの関係上、筋肉がつきにくいので男性よりも体脂肪率が高くなる傾向にありますが、これは仕方がない事です。

しかし、筋肉量を増やしていく努力を怠れば、どんどん太りやすくなっていってしまうため女性も筋肉量を増やす努力は必要だと思います。

無料でプロのトレーナーのカウンセリングが受けれます。




なんとあのRIZAPのトレーナーのカウンセリングが無料で受けれちゃいます。

普通はプロのトレーナーに無料で話を聞けるチャンスはなかなかありません。

このカウンセリングでは、無料であなたの悩みにあったメニュープランを作ってくれるそうです。

無料カウンセリングでアドバイスをもらって、あとは自分で取り組む!でもいいですし、興味があればそのまま入会するのもアリだと思います。

せっかくの無料のチャンスですので、受けないと損かもしれません

ダイエットは情報命なので、知識を学びに行くつもりで受けてきてください!
入力は3分ほどで終了するので是非。

スポンサードリンク
関連キーワード
ダイエット知識の関連記事
  • ジムで効果がで始めるのはいつから?筋トレの期間、頻度を教える。
  • ダイエッターこそプロテインを飲むべき3つの理由
  • ジムで痩せねぇ
    大手スポーツジムでは絶対に痩せない! 元ジムスタッフが理由を解説する。
  • パーソナルトレーニング
    パーソナルトレーニングとは何?プロが教えるパーソナルトレーニングについて
  • 有酸素消耗
    ダイエット目的なら有酸素運動はするな。痩せたいなら筋トレをしろ
  • プロテイン12選
    オススメプロテインはこれ!安くて品質も良い最高のプロテイン12選
スポンサードリンク
おすすめの記事
ダイエット知識
いきなりですが、あなたは日頃から本気で行なっていますか? ダイエットは本気でないと成功できません。 本気でやるためには、決意が必要です。 や...
ダイエット時の食事
低糖質、低炭水化物、糖質制限などの言葉を一度は聞いた事あるかと思います。 名前の通り、糖質を制限する事ですね。 今回はこの糖質制限をする事で...