筋肉をなるべく減らさずにダイエットするポイント

筋肉維持ダイエット

スポンサードリンク

筋肉を全く落とすことなく、体脂肪だけを落としたい。というのは誰しも願っていることであると思います、生体上これは無理です。

しかし、筋肉量をなるべく落とさないように工夫することとはできます。

ダイエットはただ体重を落とせればいいわけではありません。

今回は筋肉量をなるべく維持しながらダイエットしていくときの頭に入れておくポイントを説明します。

ダイエットの期間は長くゆっくり

急激なダイエットはダメ。ということは何度もこのブログで書いてきました。

体脂肪の減少とともに筋肉量も減少していくことは覚悟をしなければいけません。

体脂肪の落ちるスピードが早ければ、筋肉量の落ちるスピードも早くなるということを認識しておかなければいけません。

筋肉量の減少は代謝の低下、リバウンドにもつながります。

以前の記事で急激なダイエットのデメリットについて書きました。

コンテストなどに出場する方でしたら、いつまでに体重を何kg以下にしなければいけないかをあらかじめ認識した状態でダイエットを始めるのでそれに合わせてどのくらいの期間減量するかを設定します。

しかし、一般の方はいつまでにというのを自分で決めることになります。そして、早く痩せたいと焦るばかりに期間を2ヶ月で10kg減とかあまりにも短くそれも減量幅の多い目標を立ててしまいます。

もちろんこれは、ダイエット失敗する確率の方が高くなります。

ダイエットの期間は半年くらいは見ておきましょう。

ダイエットの理想のペースは?

ダイエットにおいて体重をおとしていく理想のペースは、一種間で体重の1%ずつ落としていくのが理想です。

例えば体重が60kgの方であればその1%の600gずつ落としていくことになります。

1ヶ月で3.2kg程度落とせれば順調ということになります。

最初は体の中の水分が抜けることで体重が落ちてるので、全て体脂肪で落ちたと勘違いしないように気をつけましょう。

まずは食生活の見直しから

ダイエットと聞くと筋トレや有酸素運動をハードに行うというイメージを持たれるかもしれませんが、まずは食生活の見直しが必要です。

太ってしまうことには必ず原因があります。なぜ太ってしまったのかという原因は食生活にあることがほとんどです。

なぜ太ってしまったかも明らかにしないまま、ただやみくもに運動を行っていてもおそらく運動を継続していてもなかなか効果が出てこないと思います。

自分の食生活はどうだったかを振り返ればなんとなく太ってしまった原因がわかってくるのではないでしょうか?

振り返りが終わったら実行に移す

食生活を振り返ったら習慣を変えるために行動に移りましょう。

大きくカロリーオーバーをしていたと実感する方であれば、少しずつ1日の摂取カロリーを少なくしてみる、毎回カロリーを確認して食品を買うなど様々方法はあります。

まず手軽にできるものとしてカロリーを少し制限することです。

いきなり大幅にカロリー制限するのではなく、少しずつです。目安となるのは1日250kcalの制限です。

ご飯をお茶碗一杯分の量です。特に夜のご飯の量を制限してみてください。

まずはこれを継続して行えるようになるだけでも変わってきますので是非頑張ってみましょう。

たんぱく質をしっかりとる

これもブログでは何度も言ってますね。

食事を変えると聞くとつい減らすことばかり頭に浮かんできますが、摂取しなければいけないものは摂取することが大事です。

女性でも男性でもタンパク質の摂取は健康や美容においても非常に重要になってきます。

トレーニングを日常的に行ってる方であれば筋肉を分解させないためにもしっかりと量を摂りましょう。

また、ダイエットにおいても非常に嬉しい効果をもたらしてくれますのでしっかりと摂取をしていくようにしましょう。

食生活に変化を出すことができたら運動も頑張る

やはりダイエットを効率的に行っていくためには運動も大事です。

運動には身体の変化だけでなく、気分を前向きにしたりなどのメンタル面にもいい効果があります。

気分が前向きになればダイエットのモチベーションも長く維持できます。

しかし、運動の方法に少しでも不安があるとなかなかそうはいかなくなります。

運動に限らずですが人は不安な状態では最高のパフォーマンスを発揮することができません。

トレーニングはしっかりと終わった後に充実感と爽快感が出るくらいが理想です。

首を傾げた状態でジムで運動してるのであればいますぐトレーナーに相談してみましょう。

まとめ

筋肉をなるべく落とさずにダイエットをしていくことは理想ではありますが、なかなか難しいものです。

今日あげた中でとくに重要なことはダイエットの期間です。

早く結果を求める焦りこそが逆効果を出してしまう要因になりますので、半年から1年くらいゆっくりと行っていきましょう。

 







筋肉維持ダイエット

この記事が役にたったらシェアしてね!



ストーク


すとぅーがオススメする
WPテーマストーク

誰でも簡単にブログ上級者級のデザインに!!
PV数UP!!CV率アップが狙える究極のテーマ。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です