紙の本はもう古い! 紙の本よりも電子書籍を選ぶべき理由

電子書籍

スポンサードリンク

まず読んでほしい記事

【グッドポイント診断】自信がないあなたが自分の強みを5つ見つける方法

どうも。すとぅーです。

あなたは本を読みますか?

ぼくは、月に200時間以上は本を読む時間に使っています。ぼくにとっては読書の時間はとても重要なんですね。

なぜ、こんなにも読書にかける時間を重要にしているかと言うと、ぼくは学歴もなく、人脈もない人間だからです。

ごく一般社会で過ごしているぼくにとって、本から得る情報はとても有益なんですね。

高いお金を支払わなくてはいけないような成功者のセミナーに参加しなくても、少額を投資して本を読むことである程度、成功者の考え方に触れられるんです。しかも、何回も読み直せて理解も深まる。

こんなにいい投資はないんじゃないかなと思っています。

また、ぼくは、本を買う時にあるルールを決めています。

それは、電子書籍で販売されているものは必ず電子書籍で買うということです。

紙の本でしか売っていない本は、仕方なく紙の本を買いますが、それ以外は全て電子書籍です。

ぼくはKindle本を買うんですね。紙の本なんて無くなっても良いとも思っています。

でも、このことを周りの友人とかに話すと、ほとんどが紙の本信仰派なんですよね。

で、紙の本信仰派のやつは本を買ってもほとんど読んでいません。

本をこよなく愛す僕からしたら、買って読まないなんてとんでもないです。ぶん殴りたいくらいです。

彼らと僕には本に何を求めているかが違うんですよ。

この記事では、紙の本よりも電子書籍を選ぶべき理由について説明していきます。

紙の本を選ぶやつは、本を物としてみている

紙の本を読んでいるやつに電子書籍をすすめると「本は紙として読みたい」「読み終わった後に本棚に飾ってコレクションしたい」みたいなことを言うんですよね。読まないくせに。

コレクションとか言っておきながら、数ヶ月後にはブックオフに並んでいますからね。笑

ぼくは、本に求めるべきは情報だと思うんですよね。

だって自分が面白い、読んでみたいと思った本しか買わないでしょ。

本を読むことで、自分に何か新しい情報が入ってくる。それを価値と感じているからお金を払うわけですよね。それが、いつの間にか物体自体が価値になっているのは違うんじゃないかなと思いますね。

コレクションするのが目的なら本屋に並んでる本全部買うべきでしょ。

あと、本は紙の本として読みたいと言ってる奴は、考えが古いですよね。

  • 常にページを抑えていないといけないから両手がふさがる
  • 仰向けで読む時に光を遮断するから暗くて文字が読めない
  • バックの中がかさばる
  • 電子書籍よりも高い

デメリットばかりじゃないですか。

こんな簡単なデメリットにも気づけないくらい思考が停止しちゃってますね。あぁ残念。早く気づいて欲しい。

紙の本を選ぶやつは見栄を張りたがり!?

紙の本を選ぶやつは、見栄はりが多い気がします。

難しい本を読んでいる姿を周りに見せつけたいという欲求が働いているんですよ。

自分がどう見られるかばかり意識しているから、難しすぎて結局読めない。

見栄を張るために、本を買うばかりに積ん読をしている人もいるんですよ。

そんなんだったら、違うことにお金を使うべきだと思いますね。

電子書籍のメリット

電子書籍には様々なメリットがあります。

ぼくは紙の本よりも電子書籍の方がメリットが多いと感じています。

それでは、電子書籍についてのメリットを紹介していきます。

持ち運びが楽

ビジネス本や自己啓発本などは厚い本も多いです。それを持ち運ぶと思いし、バックの中で場所もとりますよね。

一日に複数の本を読みたいという方は、紙の本で持ち運ぶとめちゃくちゃバッグがかさばるわけです。

しかし、電子書籍ならタブレットまたはスマホでも読めるので全くかさばる事はありません。

持ち運びがめちゃくちゃ楽なんですよね。荷物は軽い方がいいですよ。

片手で読める

紙の本は、常にページを抑えていないと勝手に本が閉じてしまうので基本的には両手を使いますよね。

厚い本になると片手では絶対持てないので必然的に両手を使う必要があります。

電子書籍なら、片手サイズのタブレットで読めるし、意図しなく本が閉じる事もありません。

風が吹いてページがパラパラ〜。どこまで読んだっけ?ってなる事もないのです。

本当に電子書籍最高ですね。

ネット環境があればどこでも本を買える

新しい本を読みたくなった時、わざわざ本屋に足を運ぶ必要もありません。

ネット環境があれば欲しいと思ってから1分で本が手に入ります。

本屋で本を探すのに使う時間も必要なくなりますし、確実に読みたい本が手に入ります。

電子書籍の良いところはすぐに手に入りすぐに読み始める事ができるところですね。

文章の文字検索が可能

本を読んでいると難しい文字が出てきてフリガナも無くて読めないって事ありますよね。

調べるにも読み方がわからないから調べようがない。結局分からないまま読み進めてなんかモヤモヤするってことよくあるんです。

でも、電子書籍を使い始めてからはそれが全くなくなりました。

電子書籍は難しくて読めない感じもタップしてすぐにフリガナを調べる事ができます。さらにその言葉の意味まで表示されるので内容も入ってきやすいんです。

漢字が苦手な人は絶対電子書籍の方がいいですよ。

紙の本よりも少し安い

これは、大きな差ではないのですが、同じ本でも紙の本と比べて電子書籍の方が少しだけやすいです。

10%くらいの値引きなので1冊あたりで比べると大した金額じゃないかもしれないですが、これが10冊とかになると1000以上安くなります。

本をたくさん買って読む人は、電子書籍の方が得をしますよ。

Amazonプライム会員になって更にKindleを持っていれば毎月1冊無料で読めちゃいます。プライム会員は年3000円ちょっとなんでめちゃ安いですよね。

電子書籍のデメリット

電子書籍のいいところばかり説明してきましたが、もちろん電子書籍にも多少デメリットはあります。

ぶっちゃけぼくはデメリットはないに等しいと思っているんですけどね。

ここではあえて、デメリットをあげていきます。

端末代がかかる

電子書籍を読むためには、タブレットや電子書籍リーダーなどの端末が必要になります。

読書をするには少し高い初期投資は必要になりますね。

でも、今では1万円以下で端末が手に入るので比較的手にしやすいと思います。

また、Kindleアプリをインストールすればスマホでも読む事ができるので大きなデメリットではないと思います。

端末の充電が切れると読めなくなる

これだけは注意をしておかなければなりませんね。

当たり前なのですが、電子書籍は端末の充電がなくなると読めません。

モバイルバッテリーなどを持っておくなどして充電の管理はしっかりしておきましょう。

本に書き込みはできない

紙の本なら、直接書き込みができますが、電子書籍はできません。

でも、電子書籍でも重要なところにラインを引くなどはできます。

書き込みだけはできないので、教科書のようなものは紙で買った方がいいかもしれないですね。

まとめ

ぼくのようにたくさん本を読むという方は電子書籍の方がオススメです。

とにかく、持ち運ぶのが楽になるので移動の時の重さのストレスがなくなりますよ。
このストレスがなくなるのは本当にデカいですね。

あとは、値段が安い事も大きなメリットだと思います。

本はたくさん読む事で、学びを深めていけるので是非たくさんの本を読んでほしいなと思っています。

年会費3900円でAmazonプライム会員になると電子書籍リーダーが4000円引きになるので是非。

合わせて読みたい!

【Amazonプライム会員】年会費3900円で受けれる特典がお得すぎる

合わせて読みたい!

インターネットを使ってビジネスしたい人が真っ先に読むべき本を紹介する

合わせて読みたい!

お金を稼ぐのに最も重要なスキル。セールスコピーライティテングを学ぶべき。







電子書籍

この記事が役にたったらシェアしてね!



ストーク


すとぅーがオススメする
WPテーマストーク

誰でも簡単にブログ上級者級のデザインに!!
PV数UP!!CV率アップが狙える究極のテーマ。