IT業界未経験でIT企業に転職した僕が感じるIT業界で働くメリット

IT企業転職メリット

スポンサードリンク

どうも。IT業界未経験でIT企業に転職したすとぅーです。
転職する前は、フィットネス業界で活動していました。

こうみると、なんでいきなりIT業界に?

と思うかもしれませんが、ぼくはもともとスタバなどのカフェでよく見かけるコーヒーを飲みながらMacBookをカタカタしてるような、いわゆるノマドワーカー系に憧れを持っていました。

MacBookをカタカタしている人を見て、カッコいいなという印象を受け、いつかあんな風に平日の昼間にゆったりとカフェで仕事をするというようなライフスタイルを送りたいと今でも思っています。

社会人なりたての時に、ノマドワーカーに憧れてMacBook Proを購入したのですが、ぼくはパソコンの基本的な使い方も知らなければ、文字の打つスピードもとても遅いです。

休みの日にノマドワーカー気分を味わうためにスタバに行ってMacBookを広げますが、用途は特にないのでネットサーフィンをするぐらいでした。

ある時、「せっかく10万円以上出して買ったのになんかこれじゃもったいないな」と思い、IT業界に興味を持ち始め転職をしてみようといい気持ちになったのです。

そして、未経験ながらIT企業に入社することができ実際に働いてみるとIT企業で働くことのメリットがありすぎました。

この記事では、IT企業で働いているぼくが感じるIT企業のメリットについて説明していこうと思います。

スポンサードリンク

IT企業での仕事

IT企業の仕事の内容はその会社によって、変わってくると思います。
IT企業では、将来に繋がるスキルを学ぶこと、身につけることができます。

ITスキルを身につけておけば、もし会社をクビになったり、鬱になって会社に行けなくなってもこじんで収入を得ることができます。

実際にぼくもこのブログから収益を発生させることができています。
これは、IT知識やスキルを学んだからなんですね。

IT企業ではどんな仕事をして、どんなスキルを得られるのか説明していきますね。

1.メディア運営

メディアとは、インターネットメディアやWebメディアと呼ばれるようなものの運営です。

分かりやすく言うと、ブログのようなものですね。記事を書いてインターネット上に公開するといったものです。その記事を読んだ人のタメになりような情報だったり、話題になっているような情報だったり、読んで面白い、タメになるといった情報を提供していく仕事です。

ぼくは、記事を書くためにお店や専門家に取材に行ったり、話題の商品をレビューして記事にしたりしていますね。
インターネットに公開する記事は、主に検索して記事にたどり着いてもらうように書く必要があります。

例えば、ダイエットの方法が分からないという悩みのある人は「ダイエット 方法」などで検索しますよね。

検索

検索するとしたの写真のようなページが出てきます。

検索結果

大体の人は、検索結果の1ページ目にある記事しかクリックしません。

ということは、2ページ目以降にある記事は読んでもらえる可能性が極端に低いということなのです。

検索で読んでもらうために、検索結果の1ページ目の上の方に載るために対策するんですね。これをSEO対策と言います。

ただ、記事を書いただけでは、検索の上位には表示されないんです。

メディア運営では検索で上位に表示させるためのスキルを磨けます。

メディア運営で得られるスキル

  • SEOの知識、テクニック
  • ライティング能力
  • 企画力
  • 情報収集能力
  • セールスライティング

属する会社によっても変わってくるかと思いますが、このあたりだと思います。
企業が運営しているメディアは、自社の製品を売るための媒体としてやっていたりするので商品の開発も任せられる場合もありますね。

これだけでもかなり力がつきますね。

2.システム開発・プログラミング

プログラム

プログラミングを駆使してシステムを開発したりする仕事ですね。
エンジニアやプログラマーと呼ばれる人たちがやっている仕事です。

ぼくは、これには関わっていないのであまり詳しくないのですが、アプリを作ったり、サイトに機能をプラスしたりと様々です。

名前を聞くと難しく聞こえるかもしれないですが、プログラミング自体は未経験からでも3ヶ月程度で大体は覚えてしまうようです。

身につくスキル

  • プログラミング
  • 発想力
  • 問題解決能力

3.Webデザイン

Webデザイナーと呼ばれている仕事です。写真素材を加工して新たなオリジナルの画像を作成したりします。

バナーと呼ばれるものを作成したり、LP(ランディングページ)の画像などのWeb用の画像を作る人ですね。

あとは、一眼レフのカメラで実際に撮影してそれを加工したりもします。

メディアでの取材の際に写真を撮影したりするので、その写真を綺麗に加工したり組み合わせたりする仕事が多いですね。

身につくスキル

  • PhotoshopやIllustratorのスキル
  • カメラワーク

などです。

人の目を引くようなデザインを作れるようになると、企業は欲しがりますし、個人でも仕事がとれるようになりますよ。

IT企業は学校に行くよりもスキルが身につく

ぼくは、今勤めている会社では一眼レフカメラの使い方も学びましたし、全く手を使ったことも無かったPhotoshopなどの使い方も学びました。

PhotoshopやSEOなどの知識やスキルは個人でも活用できますよね。
スキルを持っていれば、個人でも仕事ができますしさらに転職するときでも武器になりますよ。

社内政治のようなその会社でしか使わないようなルールを学んだところでどうしようもないんですよ。
昔のように、一つの会社に骨を埋めることなんて今後あり得ないと言えます。

今後は個人で仕事をしていく人の方が増えるでしょう。そんな時にスキルのない人間はどうなるのか?
当然、淘汰されてしまうのは想像がつきますよね。

ぼくは、ITスキルを学べる会社に入って本当に良かったなと思っています。

あなたも今の会社では社内政治しか学べないと思っているのなら転職することをお勧めします。

IT企業に転職するならNexstar

転職情報

NexstarはIT・Web業界に特化した求人アプリです。

しかもFacebookのアカウントを持っていれば、すぐに無料で登録ができちゃうんですよ。

登録の方法

Nexstarをクリック

すると下のような画面になります。

Nexstar

すでにFacebookのアカウントを持っている場合は、右上の欄にメールアドレス又は電話番号とパスワードを入力します。

これだけです。本当にワンクリックで登録できちゃう。超簡単ですね。

Facebookのアカウントを持ってない方は、緑色のアカウント登録のボタンをクリックしてアカウントを作成しましょう。

Nexstarの特徴

Nexstarを利用してご入社すると、業界最高額の転職祝金として現金50万円を贈呈

なんと、Nexstarを介して入社が決まると、最高で50万円の転職祝金が贈呈されます。
転職祝金って数万円はもらえるものは結構ありますが、50万円はここだけだと思います。

ぜひ、転職が成功したら50万円がもらえるとなるとモチベーションが上がりますよね。

Facebookアカウントさえあれば、1クリックで簡単に会員登録(完全無料)ができる

Facebookのアカウントがあれば、たった1クリックで会員登録ができます。
会員登録は完全無料でその後もお金がかかることはありません。

あとは普通の求人サイトと同じように安心して使えます。
めんどくさい個人情報の入力などもなく、転職したいけど忙しい方にもオススメです。

インターネット業界(広告、メディア、ゲームなど)に特化したFacebook求人アプリ

ITやWeb業界に特化しているので、企業を探すのにもあまり時間がかかりません。
転職先はIT業界一本に決めているという方は、このアプリを使うとサクサク転職活動が決まると思います、

周囲に知られずに、Web・IT業界の求人チェックや無料キャリア相談もチャットで受けらる

Facebookで登録すると、友達に知られてしまうかもと不安になるかもしれませんが、安心してください。

Facebookには一切投稿はされませんし、周囲に知られることもありません。
完全にクローズドなチャット環境で転職の相談などできるので、とても安心です。

こんな人はNexstarは向かない

  • IT企業だけでなく他の業界も見てみたい
  • ITやWeb業界に興味がない
  • Facebookアカウントは作りたくない

以上のような人は、Nexstarに登録してもあまり有効に使えないかと思います。

Nexstarはこんな方にオススメ!

  • 転職先はIT業界に決めている
  • 転職活動をしたいけど時間がない
  • めんどくさい入力事項は省きたい
  • 信頼性の高いIT企業に転職したい
  • Facebookアカウントを持っている方

このように思っている方にはNexstarがオススメです。
ぜひ、最大限活用して転職活動を成功させてください。







IT企業転職メリット

この記事が役にたったらシェアしてね!