専門学校によくある「この道一本で生きていけ」という風潮が時代遅れな件

スポンサードリンク

専門学校で学んだ事とは一切関係ない仕事をしています。どうもすとぅーです。
僕は専門学校卒の人間なんですが、専門学校って「この道一本で生きていけ」みたいな風潮があるんですよ。

僕が専門学生だった頃は夢と希望に溢れていたので、そんな先生の言うことを信じて勉強頑張ってました
でもね、社会に出てみると彼らの言うことは時代遅れだとわかったんですよ。

これから若い人達が専門学校で自分の可能性を潰されないよう、今回記事にしようと思います。

20歳そこらで将来何やるかなんて分からない

専門学校生ってほとんどが高校を卒業してすぐ入学する人が多いので19歳とか20歳の人が多いです。

大学生なら4年間という長い時間を使って働きたい業界を決めるわけですが、専門学生は高校在学時に働きたい業界を決めた上で学校を決めます。

でもね、高校生の時に決めた働きたい業界なんて社会に出ればすぐに変わるんですよ。
腐る程ある仕事の中で、18年くらいしか生きてない人間が将来の仕事なんて決めれるはずがないんです。

それに時代の変化が激しい今は、これまでになかった職業がどんどん現れ、これまであった職業がなくなるという職業の入れ替わりが激しいです。

 

YouTuberとか僕がやってるブロガーとか20年前とかなかったし。
今後もこの傾向は加速していくでしょうね。

だから、専門学校に入ったからこの分野で一生いきていかなきゃいけないとか思わなくて大丈夫ですよ。

僕なんてトレーナーの専門学校に入学したけど、こうやってブロガーしたりエンジニアしたりとITの業界でいきてますから。収入もかなり増えたし。

自分の将来を他人に決められるのはつまらないし良くない

今の世の中って昔よりかなり自由に働けると思っていて、それが今の時代の良さだと思っています。
でもね、自分の将来や仕事を大人たちに決められている人いるじゃないですか。

僕も大人たちから公務員は安定しているから公務員になれという洗脳を受けて育ったタイプの人間ですが、高校の時に周りのみんながバカの一つ覚えみたいに公務員公務員って言ってて、周りのみんなと同じ職業はつまらなそうと感じたのでそれ以来興味がなくなりましたね。

どうせなら、周りと違うぶっ飛んだ仕事をやりたいじゃないですか。

 

大人たちの言いなりになってしまうと、何が良くないかというと古い考え方に染まってしまうんですよ。
それになぜか大人たちは僕たち若い者にとやかく言いたい性格をしています。

「俺がお前を公務員になるまで育ててやった」とか「いい大学に入れてやった」とか。
これがマジでウザい。彼らは優越感に浸りたいだけなんですよ。

大人の手を借りると、いつまでも気を使わなくちゃいけないしめんどくさい。面倒を見ろとか言われたらマジでやだわ。

 

だから、僕は情報弱者な大人たちが介入してこないような業界でいきていくと決めました。
これなら仕事のことでとやかく言われずに済むし、何か言われても大人より上の立場に立てるから。

結局、僕は周りに何も言われずに自由に生きたいんですよ。

結論:仕事はコロコロ変わっても良い

結局何が言いたいかというと仕事なんて腐るほどあるんだから色々やればいいじゃんってこと。
専門学校を出ると何かと業界に縛られがちだけど、全然違う業界の仕事をしたっていいと思う。

てかその方が絶対市場価値が上がりますよ。

普通の人よりも多くのことを知ってたり経験してたりする人の方が興味をもたれる世の中になってます。
若いうちに多くのことを経験しておくと仕事の幅が広がるから結果的にうまくいったりするんですよ。

大人たちが好む、業界一本に絞って生きていくスタイルは、時代遅れなんですよ。







この記事が役にたったらシェアしてね!

ABOUTこの記事をかいた人

元パーソナルトレーナーで現在IT企業勤務。ブログで4万円程の収益をあげています。基本的にめんどうな事は嫌いです。 一度ハマると飽きるまで熱中するタイプ。