寂しがりやの僕が田舎に帰っても旧友と会わない理由

田舎に帰省

スポンサードリンク

こんにちは。寂しがりやのすとぅーです。

僕はかなりの寂しがりやです。実家で家族と一緒に暮らしていた時はそうでもなかったのですが、一人暮らしを始めてから寂しがりやを発症しました笑

一人暮らしだと、ほんとに夜とか寂しいんですよね。だから、友達に用もないのに電話したりして会話を求めたりしているのですが、最近はウザがられて一人で本を読んだり、ネットを見たりブログを書いたりと本当に孤独な時間が増えました。

そんな寂しがりやの僕なのに、田舎に帰っても基本的に旧友とは遊びません。まぁあまり誘われないんですが、誘われてもうま〜く話をごまかして遊ばないようにします。

この記事では、寂しがりやの僕が旧友と遊ばない理由を書いていこうと思います。

思考停止してる人間が多い

彼らは基本的に外の世界を見ようとしません。

なので、新しいことに飛びつくとか、なんか面白いことをしたいとかそういった欲求すらありません。

田舎だから、東京とは違って面白いことなんてできねぇと諦めて思考停止状態な人間が多いんです。

毎日をただダラダラ過ごす生活に快感を覚えすぎて、何か生活を変えてみようという変化を求める姿勢がまるでない。

そんな生活に飽きない彼らがすごいと思う反面、つまんなそうだなとも思ってしまいます。

田舎の人間が思考停止してしまっている理由

田舎の人間が思考停止してしまうのは、ただ一択で新しい人間との交流がないからです。

特に、田舎で生まれ、一度も住む場所をそこから変えたことがない人。つまり外へ出たことがない人というのは何十年も同じ人としか交流をしないので、同じ価値観のままそうやって育ってしまうと思うのです。

だから、訳の分からない固定観念が生まれ、つまらない会話しか生まれないのです。

一度、東京へ出てしまうと田舎に帰りたくないなと思うのは、東京のビル群の街で暮らしていることで優越感に浸りたいわけではなく、田舎で得られる人間関係に魅力を感じないからなのです。

田舎暮らしを否定しているわけではなく、新しいことや変化を求めない考え方は違うんじゃないかなと思うだけなのです。せっかく車を持っていても、通勤にしか使わないというのは勿体無いんじゃないかと。もっと新しい人と交流する為に車を走らせたらいいんじゃないかなと思います。

マイルドヤンキーが多い

マイルドヤンキーはマーケティングアナリストの原田曜平さんが定義した概念で、見た目のヤンキーさは保ちつつも、内面はマイルドで優しい人たちのことです。

マイルドヤンキーの特徴

・地元から出たくない

・車が好き

・過去の話を好む

・一人では行動できない

・基本的に暇をしている

・公共の交通機関は苦手

・上昇志向が低い

・ITへの関心やスキルが低い
引用:Wikipedia

これはネットでもよく書かれている情報ですが、毎年田舎に帰省するぼくはリアルでこういう人たちと会っています。

本当にこんな人たちばっかです。特に若者。

時代の流れについていけていない人間が多く、話していても全く自分に価値となる情報が全くない。

だから、ぼくは地元で別に会話しなくてもいいやってなるんですよね。本読んでる方がよっぽど時間をうまく使えている気がする。

人が会話を求めるのは情報を求めているからなんですよ。話を聞いてもらいたいという欲求もよく考えれば、話した後に返ってくる言葉=情報を求めてるからなんですよね。そうじゃなくて、ただ話したいだけなんだという方はiPhoneのSiriに話しかければいいじゃないですか。聞いてくれますから。

相手に情報を与えて自分も情報を受け取るWinWinの状態になるのが会話で、一方的に興味のない話をされることを誰も求めないですよ。

なので会う意味もないんですね。

情報弱者であるという危機感がまるでない

技術が進歩して、SF映画を作っても映画の世界に2〜3年で追いついてしまうような時代が突入しているというのにもかかわらず、危機感が全くないのです。むしろ、その現実すら知らない。

スマホはしっかり持っているのに、友達とのコミュニケーションくらいにしか使えておらず、ググったり、調べたりという行動はほとんどしないという。

彼ら曰く、ニュースはテレビで流れるから調べる必要がないらしく、人よりも多くの情報を知ろうとかそういうことに興味すらもないんだそうです。

スマホが普及して、無料でいつでもどこでもこれだけ情報が得れる時代なのにそれを利用せず、彼らの余暇時間はパチンコやスロットに当てられている。

周りの人間がみんなそんな感じだから、それしかやることが見えなくなってしまっているのかなと思っています。

ぼくは自分のことを情報強者だとも思ってませんが、情報を得る為に何かしら行動はしていますし、この先情報量が必要だと思っています。

なので情報を持っていない人と関わるよりは持ってる人と関わりたいですよね。

きっかけは調べることから始まる

おそらく田舎で暮らしている人たちも、つまらないと思っているだろうと思います。東京へ行けば友人もたくさんできて、楽しいだろうなと思ってるかもしれないですが、そんなことはないです。

結局、魅力的な人にしか人は集まってこないし、価値のない人間には誰も近づこうと思わない。

だからこそ、自分で調べるということは大事だし、何かを自分に取り入れることをしなければ、相手に伝えることはできないです。

せっかく、立派なスマホを持っているんだからググってみましょうよ。

スポンサードリンク










田舎に帰省

この記事が役にたったらシェアしてね!

ABOUTこの記事をかいた人

高校時代は野球推薦で入部するも怪我により、野球人生を終える。 現在は、ブログを通して、誰かの役に立てればという思いで様々な情報を発信しています。 趣味は読書。オススメの本とかも紹介していきます。