楽天モバイルからLINEモバイルに乗り換える方法。メリットを比較してみた。

スポンサードリンク

どうも。すとぅーです。

僕はこれまで約1年楽天モバイルを使ってきました。

合わせて読みたい!

楽天モバイルと契約して分かった。通信速度とメリット、デメリットは?

楽天モバイルは通信速度も料金も特に不満はなかったのですが、この度LINEモバイルに乗り換えることにしました。

ストラ
楽天モバイルで不満がないなら乗り換える必要ないだろ
すとぅー
いやいや、俺のスマホの使い方だとLINEモバイルの方が合ってるんだよ

楽天モバイルを辞めてLINEモバイルに乗り換えた2つの理由

携帯代を抑えるために、ドコモ・au・ソフトバンクなど3大キャリアから格安SIMに乗り換えるのは最近は増えてきてます。

でも、格安SIMキャリアから格安SIMキャリアへの乗り換えて「何が得なの?」と思う人もいるでしょう。

そこでぼくが楽天モバイルからLINEモバイルに乗り換えた2つの理由について説明します。

 

LINEモバイルに乗り換えた理由1:データ使用量とかかるお金を節約できると思ったから

LINEモバイルはSNSカウントフリーというのがあって、LINE、ツイッター、フェイスブック、インスタグラムの4つのSNSを使っている間はデータ使用量がカウントされないんですよ。

ぼくは楽天モバイルを3.1GBのプランで使っていたのですが、月末にデータが足りなくなってしまうことがわりと頻繁にあったんですね。

上の画像は、ぼくの過去1年間の楽天モバイル利用明細です。

初月の2016年11月は通信量は無料で事務手数料のみの料金です。

半年くらいは1600円から2000円ちょいくらいで収まっていた通信量が2017年の7月くらいから2倍以上に上がってしまいました。

 

今年の春頃からネットを頻繁に使って仕事もこなすようになったため、スマホのデータ使用も増えてしまったんですね。特にスマホは、LINEやツイッターなどSNSの活用にあてていました。

 

7月に6000円以上もかかってしまったのは、YouTubeの見過ぎで、現在も使っている民泊レンタルWiFiが通信制限を食らったためですw

この時は死活問題でしたね。

 

SNSカウントフリーの機能があるLINEモバイルに乗り換えればデータ使用量も節約することができ、無駄なお金を支払うことがなくなるのでは?と思ったんです。

LINEモバイルは3GB1690円で、データ使用量も節約できるから2000円かからないはず!

LINEモバイルに乗り換えた理由2:楽天モバイルの最低利用期間が終了したから

楽天モバイルの通話SIMは通常のプランで使用していると、最低利用期間が12ヶ月なんですね。(通話SIMの場合。データSIMは1ヶ月。例外あり)

最低利用期間を過ぎれば、いつ解約しても解約料はかかりません。

最低利用期間をまたずに解約してしまうと、9800円かかってしまうので勿体無い。

なので、契約から12ヶ月経ったこのタイミングでLINEモバイルに乗り換えることにしたんです。

 

楽天モバイルからLINEモバイルに乗り換える準備

今回はMNPで楽天モバイルからLINEモバイルに乗り換える方法を紹介します。

MNPは電話番号はそのままで通信キャリアを変えることだよ

1.楽天モバイルのメンバーズステーションからMNP予約番号を発行する

まず、楽天モバイルのメンバーズステーションにログインをしMNP予約番号を発行します。

メンバーズステーションにログインし少し下にスクロールすると次のような画面が出てきます。

上の画像の赤枠で囲っているところをクリックすると、MNP番号が発行できます。

発行されるまでに2日ほどかかるので、予め頭に入れておくと良いです。

楽天モバイル側での作業はたったこれだけ。

2.AmazonでLINEモバイルエントリーパッケージを買っておく

MNP予約番号の発行までに2日ほど時間がかかるのでその間にLINEモバイルエントリーパッケージを買っておきましょう。

エントリーパッケージを990円で購入すると、事務手数料の3,000円がなんと無料になります!

2,010円お得になるので、エントリーパッケージの購入を推奨しますよ。

データ専用SIMと音声付きSIMで購入するタイプが異なるので注意!
MNP転入の場合は”音声付き”を選択しましょう

ここまで準備ができたら、実際に申し込みを行なっていきます。

その手順について説明していきますね。

手順通り行えば30分くらいで手続きが完了しますよ。

LINEモバイルの申し込み手順

1.LINEモバイルのホームページにアクセスし申し込みボタンをクリック

MNP番号が取得でき、エントリーパッケージが手元に届いたらLINEモバイルのホームページにアクセスしましょう。

ホームページにアクセスしたら一通り目を通し申し込みボタンをクリックしましょう。

MNPの予約番号には有効期限があるので、取得したら早めに手続きを済ませておきましょう。

2.申し込み画面でプランや容量の設定、個人情報の入力を行う

申し込み画面であなたのご希望のプランやデータ容量の設定、個人情報の入力等を行なっていきます。

以下、手順です。

申し込み方法を選択する

エントリーパッケージを購入している人は、右側のコードを使用して申し込みを選択。

選択後、下の入力欄に手持ちのエントリーパッケージに書いてあるコードを入力して次に進みます。

申し込み区分を選択する

今回は、MNPで乗り換える手順なので右側の「他社からの乗り換え(MNP転入)」をクリック。

MNP予約番号を入力する

するとMNP予約番号と有効期限、電話番号を聞かれるのでそれぞれ入力します。

プラン選択をする

下にスクロールするとプランと申し込み内容を聞かれるので、希望のものを選択します。

3つのプランからご希望のプランを選択します。

ぼくは、スタンダードなコミュニケーションフリープランを選択しました。

データ容量の選択をする

データ容量を選択します。
LINEモバイルのおすすめは7GBだそうですが、ぼくは別にポケットWiFiも持っているし、一番少ない3GBにしました。

あなたの使用状況に合わせて選びましょう。

ちなみにデータ容量は契約後も自由に変更可能です。

申し込み内容を選択する

端末は今使っているiPhoneをそのまま使うので、SIMカードのみを申し込みました。

新しく端末も欲しい方は、ここで左側の「端末+SIMカード」を選びましょう。

SIMカードのサイズを聞かれるので、あなたのスマホにあったSIMカードのサイズを選んでください。

SIMカードのサイズが分からない場合は、ググればすぐに分かります。

個人情報を入力を行う

あなたの氏名、性別、生年月日などを入力していきます。

その後本人確認と支払い方法も入力すると確認画面が出ます。

個人情報と間違っていなければメールアドレスの確認をして終了です。

あとはSIMカードが家に届くのを待ちましょう。

LINEモバイルのSIMカードは即日発送!

ぼくは、平日の14時ごろにLINEモバイルの手続きが完了し、その日の18時前にはSIMカード発送のメールが届きました。

めちゃめちゃ早い。

これが証拠の画像。

土日や祝日などに申し込むと、発送は少し遅れると思います。

また、平日でも夜の時間だったりすると、翌日以降の発送になったりするみたいですね。

LINEモバイルのSIMカードが届いたらスマホに差し替える

SIMカードが届いたらスマホに差し替えましょう。

大半のスマホは側面にSIMカードを挿入するところがあるのでそこに差し込みます。

SIMカードを差し込んだらAPN設定をすれば使えるようになります。

LINEモバイルと楽天モバイルのメリット比較

LINEモバイルのメリット

  • SNSカウントフリーでデータ使用量や通信料金を節約できる
  • 通信速度が速い
  • LINEの年齢認証ができるようになる
  • 基本利用料の1%がLINEポイントとして還元される

楽天モバイルのメリット

  • 楽天ポイントが貯まる
  • 楽天ポイントで料金を支払える
  • 5分間電話かけ放題のオプションがある
  • 楽天モバイルの管理アプリが使いやすく見やすい

楽天モバイルとLINEモバイルを両方使ってみて、通信速度の速さの点ではLINEモバイルが上回りますね。

また、LINEモバイルのSNSカウントフリーはかなりありがたいです。

 

楽天モバイルの方も、楽天ポイントで料金が支払えるという点で、楽天カードを使っていてポイントが毎月貯まる人ならかなりお得に使えます。

通信速度を重視したいという人やSNSをよく使うという人はLINEモバイル、楽天カードや楽天市場をよく利用するという人は楽天モバイルがおすすめです。

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。







この記事が役にたったらシェアしてね!

ABOUTこの記事をかいた人

元パーソナルトレーナーで現在IT企業勤務。ブログで4万円程の収益をあげています。基本的にめんどうな事は嫌いです。 一度ハマると飽きるまで熱中するタイプ。