ダイエット中もしっかり食べること。朝食抜いてませんか?

スポンサードリンク

ダイエットという言葉は規定食という意味を持っているので食事を制限することが重要になると以前ブログにも書きました。

しかし、だからと言って「食べない」ということではありません。全く栄養を取らなければ、痩せてはいきますが、健康的な痩せかたはしません。女性の求める「美」とはかけ離れた体になっていきます。

痩せたいがために「美」を失うのは良くないですね。

特に、時間もあまり取れない朝に「どうせダイエット中だから」といって朝食を抜く方も多いのですが、ダイエットで一番大事なのは朝食こそ食べることなのです。

今回は朝食を抜くことによるダイエットへの影響をお伝えしていきます。

朝食を抜くとカロリーを余分に摂取しやすくなる

朝食を抜くことでカロリーを制限できると思われがちですが、朝食を抜くことで昼食、夕食を多く摂取しがちになり結局1日のカロリー摂取量を見ると過剰摂取になっているということが多くあります。

体の自然な反応を見ても、体は朝に栄養が入ってこないと、昼と夜でエネルギーを溜め込もうとします。

エネルギーは脂肪として蓄えられ、普段の何気ない食事が脂肪に変わりやすくなってしまうのです。

朝、何も食べずに昼食、間食、夕食に糖質の多い食事をしている。なんて人はかなり注意が必要です。

朝食はしっかりと食べ、空腹になる時間をなるべく少なくしましょう。

朝食が一番脂肪になりにくい

朝は食事誘発性熱産生量が多いと言われています。

食事によって消費するカロリーも多いということになります。

毎朝朝食を食べない生活が続くと消費できるカロリーを消費できていないということになり、かなりもったいないことになります。

ダイエット中は食事のメニューを考えたりするのでも少し面倒になるのですが、朝は基本的にあまりメニューに気を使わずに食べれるという利点もあります。

気を使いすぎてしまうが故、食べないという選択肢をとっている方はぜひ、朝は心配せずに食べていただいた方が良いかと思います。

朝食を食べた方がダイエットに成功しやすいということが言えます。

では朝に何を食べた方がいいのか?

ダイエット時は朝は砂糖たっぷりのシリアルやパンなどよりも玄米などの食物繊維を多く含んだものを食べるのをお勧めします。

日本人の主食である白米も朝食にはオススメです。複合炭水化物と言われるようなものを食べるといいですね。

タンパク質もしっかりと摂取することも心がけましょう。朝からお肉は少し、しんどいなという方は卵やお魚などはいかがでしょうか?

お魚なんかは良質な脂質も摂取できるのでかなりオススメです。

まとめ

朝食はしっかり食べる

朝に食物繊維とタンパク質を摂取する

空腹になる時間をなるべく少なくする







この記事が役にたったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

高校時代は野球推薦で入部するも怪我により、野球人生を終える。 現在は、ブログを通して、誰かの役に立てればという思いで様々な情報を発信しています。 趣味は読書。オススメの本とかも紹介していきます。