体脂肪を1㎏落とすにはフルマラソン3回分のカロリー消費が必要です

スポンサードリンク

先日のブログで体重落とすことに執着せず、体組成を変えていくことが大切だということを説明させていただきました。

体組成を変えるには体脂肪率を下げることを目的にトレーニングしていく必要があります。

体脂肪率を下げるには、脂肪量はなるべく増やさずに筋肉量を増やす。もしくは、筋肉量を維持、向上しながら脂肪量を減らすのどちらかの変化が必要です。

女性が体脂肪率をさげていきたい場合は、脂肪燃焼にフォーカスしていくのが一般的にはいいかと思います。(明らかに筋肉量が足らなければ筋肉量を増やします)

今回は脂肪を燃やすという設定で記事を書いていきます。

では、体脂肪1㎏減らすのにどのくらいのカロリーを消費しなければ行けないか知ってますか?

1gの脂質は9Kcalです。

体脂肪になると20%は水分なので1g7.2Kcalです。

となると1kgの体脂肪を燃やすのには7200Kcal消費しないといけません。

この数字はフルマラソンを3回分走ると大体消費できる数値になります。

フルマラソンを3回分走るってオリンピックのランナーでもかなりキツイことだと思います。

よく「1週間に体重が1㎏減った」と喜ばれている方もいるのですがそのほとんどが、体脂肪で落ちたわけではなく、体水分量、もしくは筋肉量で減ってる可能性が高いです。

もちろん、全く体脂肪が減っていないとは言いてません。

しかし、体脂肪で減ってる割合はかなり少ないと思います。

無理なダイエットは筋肉量を失います。

いかに筋肉量を失わずに体重を落としていけるかが本当のダイエットです。

そこで目安となるのが筋力です。

食事を制限し始めても筋力は落とさないようなトレーニング強度でメニューを組むこと。

これは男性だけではなく、女性にも言えます。

よく、女性で「筋肉がついて腕や脚がが太くなった」とおっしゃられる方がいますが、はっきり言ってしまうとほとんど脂肪です。

筋肉ってそんなに短時間で目に見えて変化するほど太くなりません。

もし、そうなるんであれば私が教えて欲しいくらいです。

女性でも筋肉がついて喜ぶくらいの人がダイエットに成功します。

筋肉は悪ではないですから、女性らしいボディラインも全て筋肉が作り出すもの

ですよ。体重が減ったからボディラインが生まれるわけではないんです。

ボディメイクというくらいですから作りこむという作業が必要なわけです。

かなり話が逸れてしまいましたが、筋肉はいつなんどきでも正義だということです笑

 







この記事が役にたったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

高校時代は野球推薦で入部するも怪我により、野球人生を終える。 現在は、ブログを通して、誰かの役に立てればという思いで様々な情報を発信しています。 趣味は読書。オススメの本とかも紹介していきます。