スポンサードリンク

「私、夏になると痩せるんだよね〜」

と言ってるあなた、その痩せ方本当に大丈夫ですか?

本来、正しいダイエットを行ってるのであればいつの時期でも痩せることが可能です。

夏限定でしか痩せれないのは太ってる方からすれば羨ましい限りかもしれませんが

それが続くと健康への害や激しいリバウンドに襲われてしまうリスクが高くなります。

スポンサードリンク

夏バテダイエットは弱ってるカラダを更に傷つけてる

夏バテを利用して体重を減らすことを夏バテダイエットと呼ぶそうです。

ダイエットの意味を理解してればおかしな言葉なのですが今回はこれでいきます。

夏になり暑さで食欲が落ち、アイスやジュースを食事として済ませてしまう、こういう習慣が

続くと確かに摂取カロリーは抑えることができるので体重は減らすことができます。

しかし、そのほとんどは脂肪ではなくカラダのエンジン部分の筋肉を削って体重を減らしています。

体重が減って嬉しいのはよくわかりますが、これはかなり恐ろしいことなのです。

食べたものをエネルギーとして消費してくれるのが筋肉です。それが失われるのですから

自ら太りやすい体を作ってしまってるのです。

体重は減ってるのに太りやすくなってる。これが落とし穴なのです。

栄養バランスが偏りすぎている

夏はそうめんやアイス、ビールなど冷たくて美味しくのどごしの良いものを食べたり、飲んだりしたくなりますね。しかし、3食全てがそれでは好ましくありません。

アイスやジュースなどは栄養素が少ないので、お腹を満たすだけの食事となってしまいます。

食事は胃にものを入れるだけでなく、栄養素をしっかり摂取することが大切ですので

まずはコンビニやスーパーなどで売ってるお惣菜でもいいですから食べるということをしましょう。

夏バテの原因と予防法

そもそもなぜ夏バテになってしまうかというと体内のたんぱく質が失われるからです。

体内のたんぱく質が失われているのにもかかわらず、偏った食事が続くので夏バテになってしまいます。夏バテ予防と栄養バランスの面を考えて特に摂取が不足しがちなたんぱく質の摂取に気を使ってみてください。肉、卵、などの動物性たんぱく質と豆腐や枝豆などの植物性のたんぱく質を半々くらいで摂取してみてください。またタンパク質の代謝に欠かせないビタミンB群も不足しがちです。

ビタミンBは赤身の豚肉や枝豆に含まれます。

運動を行ってる方であればナトリウムの摂取も必須になりますので、運動中のドリンクに食塩をひとつまみ入れてみてください。これだけでだいぶ変わります。

まとめ

夏バテは利用するのではなく予防する。

夏こそしっかりバランス良く食べる。

不足しがちなタンパク質、ビタミンの摂取を怠らない。

 

 

スポンサードリンク
おすすめの記事