稼げる職業?パーソナルトレーナーの年収はどのくらい?経験談から語る

スポンサードリンク

どうも。パーソナルトレーナーを本業として3年ほど活動した後、IT業に進んだすとぅーです。

お客さんのダイエットの成功に導いたり、ボディメイクのサポートをしたりと素晴らしい職業であるパーソナルトレーナーですが、実際どのくらい稼げるの?儲かる仕事なの?と疑問に持つかと思います。

会社員のパーソナルトレーナー、フリーランスパーソナルトレーナーを経験し様々なジムで活動してきた僕の経験談を踏まえ、僕の周りで活動しているパーソナルトレーナーの例も出しながらパーソナルトレーナーという職業の年収や働き方について解説していきます。

会社員パーソナルトレーナーの年収は低い場合が多い

僕は2年生の専門学校を卒業して新卒で都内一等地にある高級プライベートジムに入社しました。

そこは芸能人も通うようなジムで、高単価のサービスを提供していたパーソナルトレーニングジムだったのですが、給料はかなり低かったです。

 

当時の僕の月給は基本給15万円。社会保険などが引かれて約13万円

残業手当2万円(どれだけ働いても上限2万)と資格手当2万円がプラスされて、月給は17万円ちょっとでした。

残業代が上限2万円なのがかなりキツかったですね。てか、かなりブラック。

会社員パーソナルトレーナーの平均給料(個人調べ)

僕の経験と友人や知り合いの会社員パーソナルトレーナーに聞いた情報から平均を割り出しました。

その額が、月給18万〜20万。年収240万〜270万ほどですね。(20代前半)

 

ボーナスは出ないところの方が圧倒的に多いですが、会社によってはでるところもあります。

また、個人の売り上げによって歩合でプラスされたりもありますね。

この数字を見ると分かると思うんですが会社員でずっと続けていくのには向かない職業ですね

ほとんどのパーソナルトレーニングジム会社は売り上げを立てれていない

多く給料をもらうためには、会社としてどれだけ売り上げがあるのかがかなり重要です。

しかし、ほとんどのパーソナルトレーニングジム会社では大きい売り上げを立てれていないのが現状です。

ライザップのような企業になれば別ですが、パーソナルトレーニングジムは個人経営が多く雇われているトレーナーも低賃金で働かされていることが多いです。

 

パーソナルトレーニングってお客さんが来なければ売り上げも上がらないから、ビジネスモデル的にはかなり不安定なビジネスなんですよ。

そのくせ、ジムの物件の家賃は毎月かかるから経費も大きい。一等地ならなおさら家賃も高いですよね。

 

例えば、社員が5人いたとして、会社は5人にそれぞれに給料20万円を払わなければいけないとします。

そうなると、月間で100万円の人件費がかかりますよね?

家賃が50万だとして、その他広告費やら器具のメンテナンス費やらの経費で20万円かかるとします。

そうすると、会社として毎月負担しなければいけない額は170万円以上になりますよね。

 

そうなると、毎月170万円以上は売り上げを立てなければいけないし利益を考えると最低でも200万円は欲しい。

 

パーソナルトレーニングで月200万円の売り上げをあげるためには、1セッション1万円だとして月に最低200セッションをこなさなければいけなくなります。

顧客全員が週一回通ってくれるとして計算すると、一人当たりの顧客単価が月に4万円となるので最低でも50人はお客さんを会員にしなければいけない計算になりますよね。

 

1セッション1万円×月に4回=顧客単価4万円

目標売り上げ200万円÷顧客単価4万円=最低獲得顧客50人

という計算ができます。

あくまで例ですが、パーソナルトレーニングの売り上げを上げるためには顧客を増やすか、単価を上げるかでしか売り上げは増えないんですよ。

 

当然、給料は売り上げから出るので給料を多くもらいたい場合は、しっかりと会社が売り上げをあげているかどうかをしっかり把握することと歩合制度やボーナスなどの部分もしっかり把握しましょう。

フリーランスパーソナルトレーナーは年収1000万円も可能

会社員のパーソナルトレーナーの収入は会社の売り上げに左右されることがほとんどですが、フリーランスのパーソナルトレーナーになると頑張った分は全て収入となって返ってきます。

売れっ子トレーナーになると年収1000万円を超えるなんて普通です。

フリーランスパーソナルトレーナーになると、セッションの値段も自分で決めることができます。

相場が1時間で6000円〜10000円くらいですが、有名トレーナーになると1時間20000円なんて人もいますね。

 

そして、このお金はほとんどが自分に入ってきます。

1時間働いてもらえる額がサラリーマンの日給くらいもらえるんですよ。

 

例えば、ジムと業務委託契約して1時間10000円でセッションをするとします。

ジムと業務委託契約すると、ジムに1割〜3割ほど払うのが現状となっています。

1時間10000円で3割ジムに払うとすると残り7割の7000円が自分の取り分となりますよね。

この場合、1時間で7000円の収入となるわけです。

 

月に20日働くとして、月収100万円稼ぐには1時間10000円のセッションを1日7〜8本やらなくてはいけない計算になりますね。

月間セッションを145本達成すれば月収100万円を超えることができます。

月145本って月に145時間働くことになるので、会社員より働く時間が少なくサラリーマンよりも大きく稼ぐことができるんです。

結構夢あるでしょ。

 




でもフリーランスになっても稼げない人がほとんど

月収100万円超えるパーソナルトレーナーは実際に存在しますが、パーソナルトレーナーは稼げている人と稼げていない人の差がかなり極端です。

稼げる人と稼げない人の二極化が起こっているんですね。

特にフリーランスになったばかりの人とかはあまり稼げていない人が多いです。

そして、稼げないまま辞めていくんですよね。

その理由は以下。

ビジネスのスキル、知識がないままフリーランスになってしまった

会社に所属していれば、集客は会社で行ってくれるので自分で集客活動をする必要はないのですが、フリーランスになると集客は自分でしなければいけません。

お客さんが自分のところに来なければ、何も始めりませんからね。

 

パーソナルトレーナーは、指導力やコミュニケーション能力、専門知識ばかり身につけがちなんですがビジネスのスキルと知識が大事になってきます。

ほとんどの人がビジネスについて勉強しないし、学校でも教えてくれません。

なのでほとんどの人がお客さんを集めることができずに、稼ぐことができないんですね、

フリーになりたければビジネスの勉強もしておきましょう。

 

これからパーソナルトレーナーを目指す人へ

テレビなどのメディアでも稼げる職業などと謳われパーソナルトレーナーを目指す人もいるでしょう。

また、筋トレが好きだから目指すという人もいると思います。

 

確かに、素晴らしい職業でやりがいもあるし、年収1000万も可能です。

しかし、あなたが思っているほど甘くはない世界です。

 

僕も、トレーニングの専門学校を卒業し知識も技術も自信がありフリーランスになりましたが、かなり苦労しました。

 

「お金が稼げるから」「筋トレが好きだから」というようなきっかけで通用する世界ではないということを知っていただきたいです。

常にリアルでお客さんと接する仕事なので、そのような邪念があるとお客さんはすぐに気づいてあなたから離れていきますよ。

 

厳しいことを言いましたが、本気でお客様に尽くしたいという想いがあれば成功できると思います。

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます







この記事が役にたったらシェアしてね!

ABOUTこの記事をかいた人

元パーソナルトレーナーで現在IT企業勤務。ブログで4万円程の収益をあげています。基本的にめんどうな事は嫌いです。 一度ハマると飽きるまで熱中するタイプ。