パーソナルトレーニング=厳しい食事制限ではない

スポンサードリンク

パーソナルトレーニングって食事生活を強制的にトレーナーの環境下においてきつい状況を乗り越えれるってものでしょ?と思われてる方もいるのかもしれないです。これはお客様の話を聞くとそんな気がします。

食時制限だけがパーソナルトレーニングではない

パーソナルトレーニングと聞くと食事をトレーナーに報告しなくてはいけないだとか、食べたいものが食べれなくなるとか想像されるかもしれませんが全てがそうではありません。

パーソナルトレーニングにもトレーナーさんによって傾向がだいぶ違ってきます。

食事制限は一つの手段ではありますが、ただキツく制限すればいいというものではありませんし、本来の目的でもあるフィットネスを楽しむことができなくなってしまう可能性があります。

フィットネスを楽しめないと継続していくことは難しくなってしまいますよね。

 

急激な食生活の変化は代謝の問題を招いてしまう。

体重などの数値的な結果に気をとらわれてしまうと、つい無茶なことをやろうとしてしまいがちです。

「この1ヶ月は1日1000kcal以下にする!」

「カロリーを抑えるため、野菜しか食べない!」

本当にストイックな方はこれをやってしまいます。

極端な食事制限は確かに体重減少はします。しかし、この方法は著しい健康的問題がある方が知識のある医療専門家の助言や監視のもとで行わるべきです。

一般的な過体重の方なら医療分野の方法をとらなくても健康体重にすることは可能ですし、逆に上記の急激な食事変化は代謝異常を起こし、脂肪燃焼が困難な身体になり、逆に太りやすい体を作り上げてしまいます。

まず目の前のトレーニングがしっかりできるようになろう

「パーソナルトレーニングってトレーナーに毎回食事の報告とかして説教受けたりするんでしょ」と思われてる方もいるかと思いますが、そうではありません。

食事制限をすることもダイエットの一つの手段ではありますが、目の前のトレーニングをしっかりとした知識で行えていなければいけません。

知識を身につけるためには情報が必要です。その情報源がトレーナーなのです。

人間は情報によって行動が変わります。トレーニングのフォームも情報がなければ一生そのままです。ですので、一緒にトレーニングをしながら自然と学べるのがパーソナルトレーニングです。

トレーニングがしっかり行えれば少なからず身体は変わる

トレーニングがしっかり行うことができていれば何らかの変化は必ずあります。

まず最初に現れる変化は、使用重量の変化です。

扱える重さというのが変わってくるはずです。筋力が向上したということです。

女性は重量を扱うトレーニングはしない方がいいと言う方もいますが、僕は女性も使用重量を伸ばしていくことを目標にやっていくべきだと思います。

最終的に見た目の変化を出すためには、筋肉量の向上が必要です。

トレーニングを行うと

神経系の発達→筋力アップ→筋肉量の向上→基礎代謝の向上

という流れで体は発達をしていきます。

その結果、脂肪が落ち、見た目に変化が現れてくるのです。

多くの方はこの変化が出る前に諦めてしまい、トレーニングをやめてしまいます。

本当に結果が欲しいのであれば何か行動を帰るべき

パーソナルトレーニングは行動を変えるための一つの手段でもあります。

パーソナルトレーニングの価値に気づいてる人は日本ではまだまだ多くないかもしれないですが、受けることによってのメリットはたくさんあります。

・予約を入れる必要があるのでトレーニングの時間を確保しなければならない。

スポーツクラブはいつでも自分の好きな時に行けます。学校や会社のように何時に出勤、登校しなきゃいけないというのが決まっておりません。ですので、気分によって大きく影響を受けてしまうものです。

ですが、パーソナルトレーニングは事前に日程の約束をする必要があるので、ジムへ足を運ぶという癖が自ずとついてきます。これだけでも大きな成長につながるので大きなメリットだと思います。

・モチベーションの維持・向上が期待出来る

トレーニングに限らず何かに打ち込む時にメンタル的な要素は必ず必要です。僕も高校まで野球をやってきましたが、辞めたくなったことは何回もあります。実際に1ヶ月くらい部活をサボった時期もあります。好きなものですらやりたくなくなることがあります。

原因は様々ありますが多くは自分の理想と現実のギャップです。

本当にこれが辛いんです。頑張ってるのに認めてもらえないような気がします。「その身体で本当にジム行ってんの」とか言われたらホント辛いですよね。結果というのは人間関係にも影響してくるような気がします。

そしてなんといっても正確な情報

運動を始めたらネットで検索したり、本を読んだりして運動の知識を身につけようとしますよね。

でもサイトによって書いてることが違ったり、本によって情報が違ったりします。

研究も常にアップデートされてるくらい人間の身体は複雑なのです。さらに一人ひとり身体は違うので、ある程度の試行錯誤は必要になってきます。またトレーニングは3次元の世界でないと伝わりにくいものです。

まとめ

・パーソナルトレーニングはキツイ食事制限だけのサービスではない

・パーソナルトレーニングがトレーニングを効果的に行うためのコンテンツである







この記事が役にたったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

元パーソナルトレーナーで現在IT企業勤務。ブログで4万円程の収益をあげています。基本的にめんどうな事は嫌いです。 一度ハマると飽きるまで熱中するタイプ。