カロリー収支が最優先ではない。ダイエット中の食事の優先事項

スポンサードリンク

ダイエット中は摂取カロリーよりも消費カロリーが上回るようにしましょう!カロリーを抑えましょうとよく言いますよね。

でも、これは最優先事項ではないのです。

もちろん、毎日、カロリーを過剰に摂取摂取している場合であれば、まずカロリーを抑えるのことが優先的になってくる場合もありますが僕の経験上、ダイエットに悩んでいる方の多くは食事バランスの乱れからきています。

今回は食事栄養のバランスについてお話ししていきたいと思います。

PFCバランスを意識しよう

PFCバランスって聞いた事ありますかね?

PFCとは三大栄養素の事です。

P(protein)タンパク質

F(fat)脂質

C(Carbohydrate)炭水化物

それぞれ頭文字をとってPFCとなります。

実はダイエットにはこのPFCのバランスが重要となります。

全体のカロリーをただ制限するのではなくこのバランスをしっかり意識しましょう。

PFCバランスの割合

それでは、PFCバランスの一般的な割合を説明していきます。

P(タンパク質):15%から20%

F(脂質):20%から25%

C(炭水化物):50%から55% 

となります。

この栄養バランスを一番に意識しましょう。

ただカロリー制限するだけではダメ

先ほど説明した通り、栄養素にはバランスというものが非常に大事になってきます。

このバランスを無視してただ摂取カロリーを減らしても、ダイエットはうまくいきません。

PFCバランスから考えるとどの食品をどれくらい摂取すればいいかもわかってきます。

例えば、1日の摂取カロリーを2000kcalと設定した場合。

P(タンパク質)は最高で20%の摂取なので2000×0.2=400となりタンパク質で400kcal摂取できることになります。タンパク質は1g=4kcalなので純粋なタンパク質で100gの摂取となります。

※100%タンパク質含有の食品はないので注意しましょう。

F(脂質)は25%なので2000×0,25=500 脂質で500kcalとなります

gになおすと、脂質は1g=9kcalなので、500÷9=55.5gの脂質となります。

最後にC(炭水化物)です。炭水化物は55%なので2000×0.55=1100kcalとなります

1100÷4=275となり275gの炭水化物となります。

このようにPFCバランスを理解し、自分の1日の総摂取カロリーの目標さえわかれば三大栄養素を大体何gくらいとればいいかがわかってきます。

厳密に合わせる必要はないので、導きだした数字の前後くらいを目標にしてみてください。

炭水化物の減らしすぎにも注意

低炭水化物ダイエットや低糖質ダイエットなどが流行してますが、長期的にダイエットしていくのであれば、減らしすぎる必要はないです。

例えば、「どうしても4ヶ月後の結婚式までに痩せたい!」というような明確な日程が決まっていて、さらに期間も長くないという方でしたらやる必要性も出てくるかと思いますが、そうでない方でしたらゆっくりと焦らずバランスの良い食事を行っていくべきだと思っております。

ダイエットというのは本来、痩せるという目的よりは「健康的に食事を変える」という目的の言葉です。

健康的に食事が変わることで結果、”痩せれる”のであって、痩せることが本来の目的という言葉ではないのです。

健康的な食事に気をつかおう

太ってしまってる人は、今までの生活に何かしら原因があるのです。

遺伝や家系的にというのもなくはないのですが、そうならそうと痩せる努力はできるはずです。

太るということはほぼ、食事が原因です。

不健康な食生活が習慣となれば、確実に身体は悪い方に行ってしまいます。

いきなり、糖質を抜くとか、運動量を増やすという無理な方法ではなく悪い習慣を変える努力をしていきましょう。

まずは栄養成分表示を見る癖を

スーパやコンビニなどで食品を買うときにパーケージの裏面の栄養成分表示をちゃんと見ていますか?

まず、これができていないと自分が食べているものがどれくらいの栄養素が含まれていて、どのくらいのカロリーがあるのか分かりません。

僕は値段よりもこの表示を先に見ます。

同じような食品でも、メーカーや製造元によって多少異なる場合があるので見る癖をつけていきましょう。

栄養成分表示を気にする癖がつけば後は計算するだけです。

もし、栄養成分表示が載っていない商品はネットを使えばだいたいの栄養成分がわかりますので、それを参考にしてみましょう。

習慣を変えるために思考を変える

先ほどの栄養成分表示を見ると言ったように、習慣を変えることで、結果が変わってくるのですが、習慣を変える前の段階として行動を変える必要があります。

行動を変えるためには思考を変える必要があります。

すべての初まりは思考からです。

考え方が変わらなくいつまでも今までの自分と一緒だと行動も習慣も結果も変わりません。

つまり、結果を変えるには考え方を変える必要があるのです。

考え方を変えるためには、成功している人の真似をすることや、話を聞いて見るといいと思います。新たな発見や学びを得たときに人間は考えが変わりやってみようと行動に移ったりします。

ぜひ、周りのダイエットに成功した人に話を聞いてみてください。

 

今回はPCFバランスについてお話ししました。読者の方の参考になればと思います。

 

 

 







この記事が役にたったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

元パーソナルトレーナーで現在IT企業勤務。ブログで4万円程の収益をあげています。基本的にめんどうな事は嫌いです。 一度ハマると飽きるまで熱中するタイプ。