スポンサードリンク
  • プログラミングスキルを身につけたい
  • 手に職をつけたい
  • エンジニアとして働きたい
  • 年収アップを狙いたい
  • でもスクールに通うお金はない

 

あなたはこのような思いを持ってませんか?

 

ぼくの周りの人たちを見ても未経験からどんどんエンジニア職に転職して年収を上げってるですよね。

なんで、未経験からエンジニアに転職できるんだろう?スキルないのに働けるの?って思って聞いてみると、20代を対象に無料でプログラミング研修を行って、さらに転職支援まで行ってくれるところがあるとの事。

 

 

気になってぼくも調べてみました。それがプロエンジニアの「エンジニアカレッジ」です。

 

で、ぼくもプログラミングに興味があるし、転職も考えているので説明会に行ってきました。

結論からいうとぼくは入学を即決しましたね。本当に良いサービスだなと感じたんです。

スポンサードリンク

エンジニアカレッジとは?

エンジニアカレッジ(元プログラマカレッジ)は、株式会社インターノウスが運営するエンジニア養成スクールです。

インターノウスは、プロエンジニアというIT特化の転職エージェントを運営しているのですが、その中で転職先にエンジニアを希望する人向けにエンジニアの養成カリキュラムが組み込まれているんです。

 

 

本来はリクルートなどと同じように、人材紹介会社なのでITエンジニアを企業に紹介をして企業から人材紹介料をもらって会社が成り立っています。

だからといって全くの未経験者を紹介するのは、インターノウス側にとって信用問題上リスクが大きいんです。

 

 

そこで、エンジニアに転職したい人を集めてある程度エンジニアのスキルを身につけてもらってから転職してもらうという仕組みをとるようにしたんですよ。

それがエンジニアカレッジなんです。

この仕組みは、未経験からエンジニアに転職したい20代、未経験でも若いエンジニアを採用して後に戦力になってもらいたい企業の両方がWin-Winの関係になれるすばらしい仕組みです。

そして、このエンジニアカレッジは厚生労働省でも認可されているので安心して受講出来ますよ。

民間のプログラミングスクールは高額

普通プログラミングをスクールで学ぶとしたら30万円くらいかかってしまうものなんですよ。

 

30万って高くないですか??

 

仮にそれでエンジニアに転職できたとしても、給料が変わらなかったら意味ないですよね。

しかも、学んでいる途中で挫折する可能性だってあります。合うか合わないかは学んでみないとわからないですから。

 

スクールに30万払うのは本当にもったいないですよ。

エンジニアカレッジは完全無料!!

エンジニアカレッジは卒業、そしてその後の転職サポートまで全て無料なんです。

お金がかかるのは個人の交通費と食事代くらい。

プログラミングやサーバー構築などのスキルから履歴書の添削、面接練習。
これらもカバーしてくれます。

すとぅー
無料とか最高じゃん!!
ストラ
おい、でも無料って怪しくねぇか?裏があんだろ?

エンジニアカレッジが無料の理由

エンジニアカレッジが無料の理由は、企業から協賛金を貰って運営しているからなんです。

 

今のIT業界ではプログラミングができる人材が圧倒的に少なく、企業側からしても人材不足で人手が足りない状況なんですね。

 

 

エンジニアカレッジに企業が投資する事で、エンジニア研修を終えた優秀な人材を企業が採用する事ができるという両者にメリットのあるサービスなのです。

 

企業から多くの協賛金を得ているという事はとても信頼できるサービスである事が分かりますね。

その企業も超大手優良企業ばかり。

 

優良企業

  • サイバーエージェントグループ
  • LINEグループ
  • 楽天グループ
  • ソフトバンクグループ
  • リクルートグループ

など超大手が名を揃えてますね。

 

 

無料で学べる上にこんな大手企業に入社できるチャンスも貰えるんですよ。

地方からエンジニアカレッジを受けるために上京してくる方もいるそうですよ。

エンジニアカレッジの研修中のカリキュラム

エンジニアカレッジでは、1〜3ヶ月の期間でカリキュラムが組まれます。

上を目指すのであれば、3ヶ月間ビッチリ受けた方が身につくスキルも多いでしょう。

 

エンジニアカレッジのカリキュラムをこなしていけば、3ヶ月ほどでエンジニアのスキルを身につける事ができます。

 

 

希望者は有給のインターンも受けることができるなど、実践的な研修もバッチリですね。

現在、働いている人でもカリキュラムを受けることができます。

 

研修後の就職率は96%越え

エンジニアカレッジでは就職が最終的なゴールなので、就職支援も充実していますよ。

もともと、転職意欲のある方のみの募集なので生徒も転職活動を頑張ってるのだと思います。

 

面接時の服装やビジネスマナー、履歴書の書き方まで教えてくれますよ。

とっても心強いサポートがあるので、今転職に不安を抱えている方でも全く問題ありません。

また、転職先はあなたの強みや得意分野に合わせてご紹介もしてくれるそうです。

 

未経験でもITエンジニア就職率が高い理由

景気が良い産業だから企業も採用に意欲的

IT業界は成長産業で景気が良い状況です。

しかし、プログラミングができる人が少なく人材が欲しくてもスキルのある人がいない。

エンジニアカレッジなどでスキルを身につけてさえいれば未経験でも企業は積極的に採用してくれるんです。

学歴や職歴が問われない

就職において学歴などが問われません。

平均年収も一般職より高いのでオススメですね。

誰でも数年で一人前になれる仕事

学歴や職歴が問われない分、評価されるのは実力です。

どんな人にもチャンスがあるので、頑張れば成り上がる事ができます。

プログラミングスキルを持っているだけでこれから食っていくのに圧倒的有利になりますよ。

 

2年ほど現場でがりがりやって、スキルを身につければ、フリーランスエンジニアとしては独立だって可能。

フリーランスエンジニアの平均単価は年齢関係なく月60万を越えて来ますからね。

 

 

変化の激しい現代ではなるべく早く稼げた方が良いのです。

エンジニアであれば20代で年収1千万を狙えるので、ここでエンジニアになれるチャンスを見逃してしまうのは損でしかないわけです。

 良くある質問

もしカリキュラムについていけない時は?

もし、なんらかの理由で途中でやめてしまってもキャンセル料なども一切かからないとのこと。

実際に、30%くらいの人は途中でやめてしまう人もいるそうです。

 

ブラック企業に入れられたりするんじゃないの?

エンジニアカレッジを運営するインターノウスはかなり厳しく企業を精査して企業と契約しています。

4年ほど前までは紹介した会社がブラックだったということもあったらしいのですが、今はそういうブラック企業とは一切契約をしていないんです。

 

 

エンジニアカレッジ卒業生が企業に内定が決まると、エンジニアカレッジ側に結構な額の人材紹介料が支払われます。

 

 

つまり、ブラック企業に多い人材にお金をかけたくないとかお金をかけられないという企業はインターノウスと契約できないわけです。

なので、エンジニアカレッジで紹介する企業は優良企業ばかりですよ。安心してくださいね。

授業はどこで受けるの?

エンジニアカレッジでは、インフラエンジニアコースとプログラマーコースの二つがあります。

インフラコースが池尻大橋と三軒茶屋の間の三宿の研修所、プログラマーコースが御茶ノ水の研修所での授業になります。

上の写真は、御茶ノ水の研修所です。一度に70名くらいが授業受けれます。

これらは、平日5日の10時〜18時までの授業になるので専門学校に通う感覚と同じですね。

平日は仕事をして時間がないんだけど

平日は仕事をしている方も多いですよね。ぼくもこのパターンです。

そういった人は、週に1〜2回のコースで学ぶことができるんですよ。

 

仕事の後の夜間に通ったり、土日に学んだりオンラインで学んだりと個人のスケジュールに合わせて授業を受けることも可能です。

 

こういった現在仕事をしている人向けのカリキュラムも整っていて親切ですよね。

少しでも気になったら無料の説明会にいって詳しく聞いてみるべきです。

 

 

実際にエンジニアカレッジで受講した感想

さて、ぼくはエンジニアカレッジで2ヶ月ほどLinuxを学んだんですが、結論から言うとサーバー構築ができるくらいにまで成長し、さらにインフラエンジニアとして働くことが決まりました。

エンジニアカレッジで受講した内容には、かなり満足しています。

 

 

てか、サポートが無ければ絶対に就業が決まらなかったと思う。

無料の学習でサーバーの構築までスキルを身につけられるとは思ってなかったから。

独学で学ぶには限界がありますからね。

 

 

プログラミングスクールに20万とか30万とか払わなくても、仕事で使えるようなスキルは身につけられるわけです。

 

 

ぼくは平日10時から19時まで仕事をしながら通ってここまで成長することができました。仕事をしながらでもスキルを身につけられることはぼくが証明しました。というか楽勝です。

時間がある大学生とかはもっと高い知識、技術を得られますよ。

エンジニアカレッジの5つのメリットまとめ

最後にエンジニアカレッジのメリットをまとめます。

1.全て無料で受ける事ができる

プログラミング研修から転職のサポートまで全て無料で受ける事ができます。

プログラミングスクールでは、20万〜30万円ほど払うのに転職は支援してくれないので、人生を変えたい方はエンジニアカレッジがオススメ。

2.資格が取れる

今注目されているIT系の資格を取得することができます。

「何も資格がなくてヤバい」っていう人はチャンスですね。

3.実践型の勉強

企業との提携が強いため、研修中から実際の仕事現場で実践しながら研修を積む事ができます。その時は先輩技術者の補佐という役割らしいのですが、実際の仕事のイメージを掴めるのはとっても大きいですよね。

4.充実の就職支援

面接の対策から履歴書など種類関係、また求人情報の紹介まで至れり尽くせりのサポートです。

素晴らしいですね。

5.優良企業への就職が可能

日本を代表する大手企業への就職も可能です。

エンジニアカレッジの方でも企業を厳しく審査しているらしく、ブラックな企業へ就職させられる事はありません。

就業規則がしっかりしている企業へ紹介してくれるので、安心です。

 

未経験からエンジニアを目指すならエンジニアカレッジ一択

わざわざ30万近く払って民間のプログラミングスクールで学んだのに全く就職が決まらずに、エンジニアカレッジに入学してくる人もかなり多いそうです。

 

 

スキルを取得だけでは就職するまでは困難なんですね。

それに、IT企業が未経験をエンジニアで採用するのは27歳くらいまでだそうです。

その年齢を超えてる人は誰にもサポートしてもらわず個人でエンジニアになるのは、ほぼ無理でしょう。

 

 

今後独立、起業も目指せるスキルをエンジニアカレッジで身につけるのがかなり賢い生き方なんですよ。

もたもたしていると何もせず時間ばかりが過ぎていき、一生会社の養分で社畜のまま終わってしまいますよ。

 

 

働きながら学びたい人向けの個別コースは募集数が限られます。
このチャンスを逃すと、かなり転職が遅れてしまうので今すぐ申し込みしましょう。

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。

【口コミ評判レポ】インターノウスのエンジニアカレッジでLinux学習を受けてみた

スポンサードリンク
おすすめの記事