プロテインの種類と効果、選び方をトレーナーが徹底解説。

プロテインの種類と選びかた (1)

スポンサードリンク

プロテインってたくさんありすぎてどれを飲んだら良いか分からない。

あなたもこのような悩みを持ってませんか?

ぼくはパーソナルトレーナーとして活動していた経験もあり、多くの人にプロテインを始めとしたサプリメントの提案を行ってきました。

その中でよく聞かれるのが、下記のような質問です。

  • プロテインってどんな効果あるの?
  • プロテインってたくさん種類あるんだけど、どれが良いの?
  • 迷わないための選び方を教えて欲しい

あなたもこのような事で悩んでいるのであれば、この先も読み進めてください。

この記事では、プロテインの種類、効果、選び方について分かりやすく説明していきます。

プロテインとは

まず、プロテインって一体なんなんだと思う方もいると思います。

一般的に言われているプロテインとは、たんぱく質補給のためのサプリメントのことです。

よくプロテインは「筋肉がつく魔法の粉」みたいに思われたりするのですが、そんなことはないですよ。

普段、食事で摂取するたんぱく質と同じです。サプリメントになったから筋肉がつきやすい食品に変わるなんてことはないんですよ。

スポンサードリンク

プロテインを飲むべき理由

たんぱく質は人間の体を構成するとても重要な栄養素です。

体の中のたんぱく質が不足してしまうと、筋肉はもちろんのこと、髪、皮膚、爪など体の様々なところに悪い影響が出てしまいます。

具体的に言うと髪のツヤがなくなったり、皮膚がガサガサになったりなどです。

人間が1日に最低限摂るべきたんぱく質の量は体重1kg当たり1gと言われております。

体重が50kgの人であれば1日に最低でも50gは必要ということですね。

50gを食事のみで摂ろうとすると卵で計算すると8個〜9個食べなければいけない計算になってしまいます。

結構大変ですよね。

ぼく自身も、たんぱく質食事のみで摂ろうとした経験がありますが、たくさん食べなければいけなくなるのでお腹が膨れて他の栄養素が取れずバランスが悪くなってしまいました。

それにお金がかかってしまうんですよね。

そういうことを考えるとやっぱり足りないたんぱく質はプロテインで補ってあげた方がコスパ的にも身体的にも良いんですよ。

なので、ぜひ積極的にプロテインを手にとってみてくださいね。

プロテインの種類

ホエイプロテイン

スポーツ量販店などに出回っているプロテインで一番多いのがホエイプロテインです。

ホエイプロテインは、ホエイ(乳清)を抽出してできています。

ホエイとは、牛乳などの乳製品から乳脂肪などをのぞいた水溶液ですね。イメージがしやすいので言えばヨーグルトの上澄み液ですね。

このホエイプロテインは、吸収スピードが早く摂取してから約1時間程度で血液に満たされます。

また、筋肉の分解を抑制するBCAAを多く含むため、筋トレ前、筋トレ後などに飲むのがオススメですね。

美容への効果も高いため運動をしてない女性にもオススメします。

カゼインプロテイン

カゼインもホエイと同様、乳製品から抽出されたプロテインです。

カゼインはホエイと分離した部分のものですね。牛乳などに含まれるたんぱく質の約8割はこのカゼインという種類のたんぱく質です。

カゼインはホエイとは逆に吸収スピードが遅いたんぱく質になります。

体内で吸収されるまでに6〜7時間ほどかかるんですね。

飲むタイミングとしてオススメなのが寝る前や間食の時。

ソイプロテイン

ソイプロテインは、カゼインと同じくらい吸収スピードが遅いたんぱく質です。

ホエイ、カゼインは乳製品由来のたんぱく質のため動物性たんぱく質に分類されますが、ソイプロテインは大豆由来のため植物性たんぱく質に分類されます。

ソイプロテインは消化に時間がかかるため、満腹感が持続しやすくダイエット中に飲んでいる人が多いですね。

ソイプロテインは水に溶けにくく飲んだ時に粉っぽさが残る感じがあります。

乳製品由来のプロテインが体質に合わない人はソイプロテインが良いですね。

選ぶべきプロテインはホエイ

実は上記で説明した以外にもプロテインの種類はあるんですよね。

そんな数あるプロテインの中でどれを選べば良いのか。

ぶっちゃけ、乳製品にアレルギーなどがなければ、ホエイプロテインのみで全く問題ありません。

用途に合わせて2種類も3種類も買う必要はないんですよ。

プロテインを摂取する目的はたんぱく質の摂取でしかないので、なるべく効率良くたんぱく質を取れるものを選ぶべきなんです。

ホエイプロテインは、プロテインの中でも安価でたんぱく質の含有量も多くとてもコスパが良いんですよ。

どのプロテインかで迷ったらホエイプロテイン一択ですね。

ホエイプロテインを選ぶときのポイント

ホエイプロテインだからといってなんでも良いわけではありません。

特に注意して見て欲しいポイントは、たんぱく質の含有率です。

この含有率が最低でも70%を超えているプロテインを必ず選んでください。

たんぱく質含有率70%以下のものになると、たんぱく質以外のものが多く含まれてしまうことになりますよね。

効率良くたんぱく質を摂りたいのに、含有率の低いプロテインを選んでは焼け石に水ですよ。

オススメのプロテイン

ぼくがオススメするプロテインもここで紹介しておきます。

ぼくが一番オススメなのはこちらのプロテインです。

アルプロン社のホエイプロテインアイソレートですね。味はレモンヨーグルトです。

このプロテインは、アイソレート製法といってろ過に更に手間を加えています。そのため余分なものを更にカットし純粋なたんぱく質をサプリメントにしています。

この製法で作られたプロテインはもっと値段が高くなるんですが、なんと3kgでも1万円を切るという安さ。

そして、たんぱく質含有率約90%という、もうこれ以上のプロテインはないんじゃないかなと思うくらいです。味も美味しいですよ。

ぜひ手にとってみてくださいね。

↓↓↓の記事でぼくがオススメするプロテインだけをまとめています。

合わせて読みたい!

オススメプロテインはこれ!安くて品質も良い最高のプロテイン12選







プロテインの種類と選びかた (1)

この記事が役にたったらシェアしてね!

ABOUTこの記事をかいた人

高校時代は野球推薦で入部するも怪我により、野球人生を終える。 現在は、ブログを通して、誰かの役に立てればという思いで様々な情報を発信しています。 趣味は読書。オススメの本とかも紹介していきます。