サウナに入ってもダイエット効果なし⁉︎オススメのサウナの入り方は?

スポンサードリンク

「サウナに入って痩せる」

このように思っている人もたくさんいるかと思いますが、サウナに入って汗をかくこと自体にダイエットの効果や痩身の効果はないんですよ。

確かにサウナに入るとたくさん汗をかくし、サウナから出た後体重を測ってみたら、「体重が減ってる!」ってことはよくある話です。

でもよく考えてみてください。

たった数十分サウナに入って汗をかいて脂肪が燃えているのであれば、体脂肪が燃えずに悩む人なんていないですよね。

この記事では、サウナがダイエット効果がない理由について話していきますね。

サウナで体重が減るのは水分が抜けるから

サウナでダイエット効果があると勘違いされるのは発汗作用が強いからです。

汗をかくことにより体重は減ります。

しかし、その体重が減ったのは痩せたのではなく体の中の水分が抜けたからなんです。

サウナに入って汗をかいても脂肪燃焼効果はほとんどなく痩せたとは言えないんですよ。

体水分による体重の増減は体脂肪の増減に全くと言っていいほど関係ないんです。

体脂肪が減ってはじめて「痩せた」と言えます。

なので、痩せる目的でサウナに入ってもあまり意味がないんですね。

サウナの効果

サウナには直接的なダイエット効果はないとお話しました。

では、サウナにはどんな効果があるのでしょうか。

新陳代謝が改善される

サウナに入ると、新陳代謝が改善されます。

サウナに入ることで体温が高まり血行もよくなります。

血液は細胞に栄養素を運んでくれる働きがあります。酸素の分配も血液の働きです。

サウナに入ること自体にはダイエット効果はないですが、このように新陳代謝が改善されると以前よりも痩せやすい体になることは確かです。

普段、運動をしてもあまり汗をかけないという人は、サウナに入ってみるのが良いですよ。

リラックス効果

サウナにはリラックス効果があります。

特に、夜に眠れないという人は夜に交感神経が優位になり興奮状態になっている可能性があります。

ぼくも、夜に眠れない時期があったのですが、そういう時はサウナに入ってリラックスしてました。

興奮時に優位になるのが交感神経、リラックス時に優位になるのが副交感神経。これら二つをまとめて自律神経と呼びます。

普通は、夜になると自然に副交感神経が優位になり眠くなってゆくのですがバランスが崩れてしまうと眠れなくなってしまうんですね。

睡眠の質が悪いと太ってしまう原因になります。

自律神経を整える目的でサウナを利用してみるのもありですよ。

デトックス効果

サウナで大量の汗をかくことでデトックスにもなりますよね。

疲労の原因の老廃物や毒素を体外に出すとスッキリします。

デトックスをすることで内臓など身体の機能が高まり消化不良などの改善も期待できるんですよ

胃や腸がしっかり消化してくれないとダイエットはもちろん健康にも影響しますからね。

オススメのサウナの入り方

繰り返し出たり入ったりする

サウナは長時間じーっと入るのではなく、出たり入ったりを繰り返すのがオススメです。

10分〜15分サウナで体を温めたらサウナから出て、体を冷まします。

体が冷めると血管が縮まり、体が温まると血管は広がります。

冷ましたり温めたりを繰り返すことで血管の弾力性が増すので血管自体が柔らかかくなっていくんですよ。

これが新陳代謝の向上にも繋がります。

結論:サウナは関節的にダイエットに繋がる

サウナに入ること自体で脂肪が燃えることはないですが、脂肪が燃えやすい体にはなるということですね。

実際に脂肪が燃やすためには運動が必要なのでサウナに入るのと共に筋トレも行う必要がありますよ。

関連記事:ジムで効果がで始めるのはいつから?筋トレの期間、頻度を教える。

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。

自宅でライザップのトレーニングができる!格安で痩せたい方必見

パーソナルトレーナーが超絶オススメする東京のダイエットジム3選

マルチビタミンは人間に不可欠!? 効果的な飲み方とタイミングをご紹介。







この記事が役にたったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

元パーソナルトレーナーで現在IT企業勤務。ブログで4万円程の収益をあげています。基本的にめんどうな事は嫌いです。 一度ハマると飽きるまで熱中するタイプ。