何もかも思うようにいかない。そんな悩みを持つこと自体が無駄だ。

悩む女性

スポンサードリンク

何もかもうまくいかなくて、悩んでいる、思うようにいかない。そんな悩みを持っている方は多いと思います。

人間ですから誰だって悩むことはあります。

僕も以前は自分の思うようにいかないことばかりで悩んでいました。

高校に野球推薦で入学したものの、入学半年で怪我をし3年間ほとんど試合に出れない毎日。練習中も実践的なものはできず、学校から返済義務のない奨学金をもらって入部したのに何のために練習しているのかも分からなくなりました。挙げ句の果てには一般で入学した友人から奨学金泥棒とまでも言われていました。

毎日、試合に出るために試行錯誤を続けるも怪我は良くならず、結局最後まで公式戦に出ることはありませんでした。

思うようにいかない時期は本当に辛いものです。僕もそのような経験をしてきたのでよく分かります。

でもこの悩んでいる時間こそが無駄であり、悩む必要なんてこれっぽっちもないんだなということに気づいたのです。

数年前の悩みで今も悩んでいるだろうか?

本当に辛い悩みが続く期間って長くても3年くらいではないだろうか?

今現在悩んでいることは数年後には、「なんであんなことで悩んでたんだろう」てことが多い気がします。

今悩んでいることは数年後には消えています。

つまり、悩みを深刻に受け止める必要がないのです。「なんとかなるだろう」くらいの気持ちの方がいいと思います。

悩みが深刻だと行動ができなくなる!セルフイメージを上げること!

人間は前に進むことで人生を豊かに生きられるのではないかと思っております。

僕は常に理想を語ります。理想の世界を頭の中でイメージすることでモチベーションになったり、行動するきっかけとなるからです。

でも、以前の僕は悩みに深刻になりすぎて、行動するのが怖くなった時期もありました。練習をサボるようになったのです。怪我の改善のために行ってきたリハビリなどもサボるようになり、「もうどうでもいいや」という感情が芽生えてくるのです。

これは、現実を見すぎていて負のイメージしか頭のなかになかったのです。

「このまま治らなかったら…」とか「どうせ投げれないんだし…」とかこんなことばかり考えていました。

そんな時に何気なく読んでいた本に「セルフイメージを上げる」と書いてありました。

セルフイメージというのは、自分の理想になりきるというマインドセットです。

プロ野球選手を目指しているのであれば、「俺はプロ野球選手だ」と声に出して周りに言ってしまうのです。

厨二病と言われることもありますが、こうすることで気持ちが前向きになり、悩みを解消するのも夢を叶える可能性も高くなるとのことでした。

成功者の多くは厨二病と言われています。実際には、厨二病ではなく、セルフイメージが高いんです。

SEKAI NO OWARIの深瀬さんなんかは厨二病と言われて有名ですよね。←disではない

悩みはいつか必ず解決するので悩んでいても時間の無駄ということですね。

悩みを解決するもの行動、行動、行動です。行動力が失われてはダメなのです。

悩む時間を行動に当てましょう。

外的要因ではなく、内的要因にポイントをおく

自分に起こった不幸を他人のせいにするのではなく、自分自身の改善点を見直すということです。

例えば、「怪我をしたのはあのコーチの指導がいけなかったからだ」とか「あの審判の判定は絶対に間違っている」などと外的な要因のせいにしてしまうと、自分のことを振り返らなくなり、自分がちょっと改善すれば解決する悩みもそのままになってしまうからです。

内的な要因、つまり自分を客観的に見ることで次へのステップアップにつながります。

人間は弱い生き物なので、他人や自分以外のもののせいにしてしまいやすいです。もし、外的なもののせいにしてしまったとしても後から自分を振り返って「あの時、他人のせいにしてしまったな」と振り返ることができれば必ずいい方向へ行くと思います。

こんな僕が上から言っているようで大変恐縮なのですが、これは僕が常日頃、気をつけているポイントです。

ぜひ読者の方にも意識してもらいたいと思っています。

まとめ

・今悩んでいることなんて数年後にはなくなっているから悩む必要なんてない。

・セルフイメージを上げる。

・外的要因のせいにしない

以上のことを僕は意識して生活しています。考え方が変わると本当に気持ちがすごく楽になるのでぜひ意識して取り組んで見てください。

 

 







悩む女性

この記事が役にたったらシェアしてね!



ストーク


すとぅーがオススメする
WPテーマストーク

誰でも簡単にブログ上級者級のデザインに!!
PV数UP!!CV率アップが狙える究極のテーマ。