専門学生が将来なりたい職業を手にするための8つの法則

スポンサードリンク

こんにちは。すとぅーです。

年が明けて、もうすぐ新年度が始まりますね。

社会人になったり、進級したり、新しい学生生活が始まったりと、新年度って新生活が始まるとてもワクワクする時期ですよね。

もう今からワクワクしてる方もいるのではないでしょうか?

僕も18歳の時に田舎から東京に上京してくる時はホントにワクワクしていました。

僕にとって東京は夢をかなえる場所だと思っていたんですね。

だって東京はいろんな施設があるし、いろんな人がいるし、多くの情報も手に入れられる。東京で学ばなければなりたい自分にはなれないって思っていたんです。

だから進学するなら絶対東京だって思って親にめちゃくちゃお願いして東京の専門学校に進学させてもらったんです。

そこに関してはホントに親には感謝しかないです。

専門学生は大学生と違って、なりたい職業やなりたい自分、夢や目標がはっきりしてると思います。

僕も専門学校に入学して周りの友達を見ても、

「俺はこうなりたい」「俺の目標はこれだ」っていう人ばかりでした。

中には、「俺は天才」ていうすごい自分大好きな人もいましたね。笑

でも実際は、そんな風に思っていても学校を辞めていく人は少なくなくて、夢を諦めていく人もいる事も事実です。

専門学生って学生生活を延長してはいるけど、高校卒業時に未来の職業をある程度決めているんですよね。

これは大学生とは大きく違う部分だと思います。

今回は専門学校に入学しようと思っている方、専門学校に在学中の方に向けて、なりたい自分になるための7つの法則をお伝えしたいと思います。

合わせて読みたい!

楽天モバイルの通信速度はどう? 3ヶ月使ってみた感想。

1.好きなことや興味あることを学ぼう

専門学校って、高校までの教育と違って自分が学びたい分野の勉強しかしません。

なので本当にそれが好きじゃない人は毎日、毎時間つまらない学生生活になってしまいます。

好きなことや興味あることをもっと知りたいって思っている方は毎日がめちゃくちゃ楽しいはずです。

僕はどの学生生活が一番楽しかったかと聞かれたら、ダントツで専門学校生活です。

専門学校の特徴としては、その分野が好きな人、興味がある人が集まる学校なので友人とも話がめちゃくちゃ合いやすいのです。だからすぐに友達ができます。

逆に、テキトーに専門学校を決めて別に好きでもなんともない分野の学校に行ってしまうと大変な目にあってしまいます。

専門学校を選ぶときは、しっかりと自分の好きなこと、興味のあること、学びたいことを決めてその上で学校を選びましょう。

2.周りの人の言うことよりも自分の思いを優先する

よくある話で、先生や親の意見のまま専門学校を選んでしまう人がいます。

僕の友人も、親や先生に公務員が安定しているから公務員を目指せる学校に進学しなさいと言われ、そのまま言われた通りの学校に入学したんですね。

その後、その友人はどうなったと思います?

2年制の学校だったんですが、1年通ったところで学校を辞めて今は全く公務員とは関係のない仕事をしています。

別に僕は、学校を辞めるとか、最初目指していた職業とは別の仕事をすることに関して全く悪いことだとは思いません。

僕が一番ダメだと思うのは、楽しめないことだと思うんです。つまらないと思う時間をなるべくなくすことが可能性を生みだし、仕事でも生産性をあげてくれます。

つまらないと思う時間はめちゃくちゃ無駄な時間であり、もし、入った所がつまらないと思ったら、つまらないと時点で辞めるのがベストだと思います。これは、バイトとかでも一緒ですよ。

誰かに言われた通りの人生は絶対楽しくありません。あなたは誰かの操り人形でもロボットでもないんですから。

先生や親の言うことよりも、自分がやりたいことや自分の思いを優先しましょう。もし反対されても、説得しましょう。そこはわがままになるべきです。

3.入学したら気楽に学生生活を楽しむ

専門学校に入学したての頃によく目立つのが、「俺は意識高い生徒ですよ」アピールをしている学生です。

入学したての頃はみんな初めて会う人ばかりなので友達がゼロです。

だからこそ、目立って友達を作ろうとしているのか、先生に気に入ってもらおうとしているのか分からないですが、このような生徒は半年くらいで失速します。

最初の3ヶ月間くらいは、毎日放課後残って習ったことを一生懸命復習してるんですよね。なので最初の方は授業で先生に当てられても答えられたりします。

そんな様子を見てクラスの女子たちは、あの人頭いいから今度教えてもらおうとか言って、放課後、意識高いけい男子に集まって勉強を教わってたりしましたね。僕はそんな様子を横目に放課後は原宿とか渋谷に遊びに行ってました笑

で、そこから数ヶ月したら、恒例の放課後勉強会には誰一人も参加しなくなってましたね笑

例の意識高い系男子もいつの間にかクラブ通いにハマってたり、挙げ句の果てには授業中毎回寝てる。おいおい意識高いんちゃうんかい。って言うツッコミを入れたくなるような変わりようでした。

結局、その生徒はその後学校を辞めていきましたね。

専門学校は勉強が大変ってよく言われたりしますが、だからと言って勉強しなきゃ、勉強しなきゃってなる必要ないですよ。学校の授業が楽しいと感じていたら、授業だけ集中して勉強するのはテスト前くらいで十分です。

4.学校が休みの日や学校終わりは思いっきり遊ぶ

学生時代に遊ぶのマジで大事です。僕個人的には遊びが一番の勉強でもあると思ってます。

ちなみに、僕は筋肉の勉強を習っていて、僕にとっての遊びは筋力トレーニングでした。

毎日学校終わりに友人とジムに行って鍛えていましたね。通学中の電車の中では筋肉ルーレットの練習をしたり、マジで楽しかった。

その遊びによって、筋肉はどうやったら大きくなるのか?とかここの筋肉はどういうふうについているのかとか自分で疑問を解決していくようになったんです。だからこそ専門学生にとって遊びは重要。

スポンサードリンク



5.専門学生は本に投資をしよう

専門学校で学んでいる分野の本を読むことも大事ですが、僕がオススメするのは自己啓発やビジネス本です。

専門学校で学んでいる生徒は、専門職につきたいと思ってる人だと思います。

でも、専門分野を学んだだけでは仕事としては成り立たないんですね。

重要なのは考え方や成功者のエピソードを学ぶということです。

本は数千円という安い投資でそのような情報が得れるんです。しかも何回繰り返し読むことで理解が深まります。最高の投資だと思います。

なぜ、学生のうちに本を読むのをオススメしているのかというと、一つは時間があるからです。そして、社会にでる前に社会のことに少しでも触れることができるからです。

本を読むことで、他の学生と考え方に差をつけることができ、発言や説明力、文章力も向上し信頼性が増します。

ブログでサラリーマンの初任給の4倍くらい稼ぎ出すkeitaさんという方も読書の重要性について語っています。

下記の記事で読書についての重要性や読書量と年収についての面白いデータに関しても紹介しています。

keitaさんの記事:大学生の超有意義なお金の使い方7つの法則

読書をいっぱいする人は入ってくるお金も多くなるんだとか。

成功者の考え方をインプットする回数が増えれば、仕事もうまくいきそうですよね。

合わせて読みたい!

20代は貯金なんてするな。20代前半で得たお金は自己投資に回せ。

6.専門学生はセミナーにも参加しよう

真面目に専門学校の授業を受けていると、もっと学びたいっていう感情が湧いてくるんですね。

先ほどは、学校の授業だけで十分とか言いましたが、本当にその分野に興味がある人は、学校の授業だけではもの足りなくなってくるんですよ。

学校の授業だけではもの足りない。もっと学びたい。そんな感情が湧いてきたらセミナーに参加してみるのもありです。

セミナーに参加することで得られるメリットは、知識を得れることもそうですが、その業界で働いている人との人脈が気付けたりすることが大きいですね。

これから自分が働こうと思っている業界はどんな業界なのか?学生のうちに何をしておくべきなのか?気になることを聞いてみるのと良いかもしれないですね。

7.学生時代は一人暮らしに挑戦してみよう

これは、結構お金がかかりますが、一人暮らしを経験しておいて損はないと思います。

一人暮らしを始めると、自分のことは自分でしなければいけなくなります。

僕も高校生までは家族と同居していて、洗濯や掃除、料理などは全て親にやってもらっていました。

でも、一人暮らしを始めてからは自分でしなければいけなくなるので、家事にかかる時間も頭に入れながら生活していかなくてはいけなくなるんですね。

洗濯とか掃除とか本当にめんどくて時間もかかるんですけど、自分のことは自分でやる経験って重要だと思うんです。特に若ければ若いうちにやっておいた方がいい。30歳すぎて洗濯したことないとか超ダサいですからね。

一人暮らしすると、自立できますよ。

8.自分が働きたい業界でバイトしてみる

学生中にバイトをするなら、関係ない業界で働くのではなく自分の目指している業界でバイトしてみるのがオススメです。

実際にその業界で働いてみて気づくこともありますし、自分に足りないところが分かったりします。

普通の学生ってバイトは、ただお金を稼ぐだけの目的かもしれないですが、バイトそのものが勉強になったりします。

専門学生なら、入学の段階で就きたい職業がある程度決まっていることが多いのでバイト選びで悩むことも少ないかなと思います。

バイトでお金を稼ぎつつ、業界について学べた方が絶対にいいです。
僕は学生時代ジョブセンスというサイトからアルバイトを探していました。

まとめ:学生時代は楽しく遊んで学んで挑戦しろ

専門学校在学中は楽しく遊んで学んで挑戦する。この一言につきます。

一つ、大事なことは、すべて自分で決めるということです。

セミナーに行く時も自分で調べて、自分がこれだ!と思ったのに参加する。

バイトも友人が働いているからとかではなく、自分がここで働いてみたいと思ったところで働いてみる。

というように、自分の決断が重要です。学生時代って周りの友人に流されやすいです。それが故に自分の想像してた方向とは違う方向に向かってしまうことがありがちです。

自分で調べて自分で決断をしましょう。

合わせて読みたい!

楽天モバイルと契約して分かった。通信速度とメリット、デメリットは?

合わせて読みたい!

指示待ちの人間しか生まれない!? 日本の学校教育が問題視されている3つの点。







この記事が役にたったらシェアしてね!

ABOUTこの記事をかいた人

元パーソナルトレーナーで現在IT企業勤務。ブログで4万円程の収益をあげています。基本的にめんどうな事は嫌いです。 一度ハマると飽きるまで熱中するタイプ。