時間がなくてもこれだけは必ずやるべき!究極のトレーニング

スポンサードリンク

『時間がなくてジムに行けない』なんて日もありますよね。でも、一回一回のトレーニングは非常に重要なんです。

別にトレーニング時間が長いからいいとか、ジムに滞在している時間が長いからいいとは思いません。

今日はジムに行こうと思った日でもなんらかの事情でジムに行けずに予定してたトレーニングをできないことは必ずあることだと思います。

だからこそしっかりジムに行けた日は、ジムでなんとなくトレーニングをして時間をつぶしていてはもったいないです!

今日は時間がなくてジムに行けない時などお家でトレーニングをする際にオススメの種目をご案内します。

これだけはやろう!スクワット

 

スクワットが重要というのはよく言われるようになりましたね。

上の写真のように「立つ、しゃがむ」を繰り返し行う動作です。より多くの筋肉や関節を動員して行う運動となりますので運動初心者はまずマスターしてもらいたい種目の一つとなります。

また、関節をうまく使えないとなかなかしゃがむのが難しいです。しかし、このスクワットは誰しも赤ちゃんの頃は上手にできてたはずなのです。年齢を重ねるとともに重心バランスが乱れ、機能的な動きを失ってしまったのです。

マシンもいいけど地面に足をつけたトレーニングを

フィットネスクラブでのトレーニングはマシンを使ったものを勧められることが多いです。これはスタッフの環境下でなくてもある程度安全性が保たれるというメリットがあるからです。

それと比べパーソナルトレーニングは契約した時間は常にトレーナーの環境下でトレーニングを行えますから間違ってる点はすぐに修正できます。スクワットなどの動きもコツがあります。少し、意識を変えるだけで動きの違いを感じていただけるようになります。

ダイエット面にもいい効果がある!!

先ほども言ったようにスクワットは多くの筋肉を動員します。

太ももやお尻だけでなく腹部の筋肉は足底の筋肉まで。

体幹の筋肉も使いながら「しゃがむ、立つ」の動作にプラスしてバランス感覚も養われます。

運動初心者の方ですと、これだけの作用のあるスクワットをやるだけで結構疲れます。

大きい筋肉を鍛えることができるため代謝向上も期待できます。女性が気になる脚のラインやヒップの垂れ下がりを改善することもできますね。正しくやればメリットしかないトレーニングなのですが多くの人が間違ったフォームでやられています。学生時代に部活でやってたトレーニングを思い出してやってる方は特にひどい形でやってます。

トレーニングはフォームが悪ければメリットを生み出せません。

自己流で行うよりもプロにまず見てもらいながら技術を構築していくことをオススメします。

今回は

絶対欠かせないトレーニングのスクワットについてでした!







この記事が役にたったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

元パーソナルトレーナーで現在IT企業勤務。ブログで4万円程の収益をあげています。基本的にめんどうな事は嫌いです。 一度ハマると飽きるまで熱中するタイプ。