セールスライティングの本で最もオススメは「ウェブセールスライティング習得ハンドブック」

スポンサードリンク

ウェブでモノやサービスを販売する時に必須なのがセールスライティング。

ぼくもブログでアフィリエイトをやり始めたこともあり、文章で読者の心を揺さぶりセールスができるようになりたいと思ってセールスライティングの本を探したところ「ウェブセールスライティング習得ハンドブック」という本と出会いました。

この本を読み始めたのが2016年の12月からで既に3回読み切っています。

そして2017年2月にはアフィリエイトで6000円程の収益、3月には約2万円の収益を発生させることができました。

これから発信力をもっと強めていって自分のサービスに繋げていくときもこの本に書かれているテクニックは使えると思いので、ぼくのバイブルにしていきたいと思ってます。

そんな今回は、ウェブセールスライティングを読んでぼくがセールスライティングで重要だなと思うことをまとめてみます。

ウェブセールスライティング

 

ウェブセールスライティング習得ハンドブック

著者:寺本隆裕

販売価格:3980円(税抜)→特別価格2980(税抜)

 

モノを売るという罪悪感を払拭する

人にモノを売るのって罪悪感が伴うんですよね。お客さんにお金を払ってもらうことをいざイメージすると、相手の経済状況を心配してしまうんですね。

ぼくも以前、フリーで仕事をしていた時は常々これを感じていました。こんなにお金をいただいて良いものなのか?本当にお金をいただいて良いのか?

売らないと自分も食えなくなるというのに、いざ金銭の受け渡しを目の当たりにするとそういった罪悪感を抱いてしまうんです。

特に、過去のぼくのように自分のサービスを販売しているような方に多いのではないでしょうか?

この罪悪感を払拭しなければ、どんなビジネスをしても成功することはできないです。

お金を頂くこと自体に罪悪感を抱いているわけなので、お金を頂くこと対する罪悪感を払拭しなければいけません。

そこで重要なのは考え方です。

モノを売ってお金を頂くということは、お客様の人生が幸せになるということです。

この考え方にシフトすることで、モノを売ってお金を頂くことはとても良いことなんだという認識ができます。

逆にこの世で一切モノが売れなかったらどうなると思いますか?

モノが売れなければ、利益が出ないですよね。利益が出なければ商品の改良などにお金を使えなくなり商品の質を高めることもできません。

また、会社なら売り上げが低迷し従業員を減らさなければいけなくなるかもしれません。
リストラされる従業員がいればその人、その家族は幸せでは無くなりますよね。

モノが売れないということは、経済全体にも関わる社会問題ともなります。
セールスをする以上は罪悪感は無意味です。考え方を変えてみましょう。

人はベネフィットが欲しくて買う

人はベネフィットが欲しくて買います。
しかし、多くの売り手はこのベネフィットを上手く提示できていないとこの本には買いてあります。

よくベネフィットというのは、お客さんがその商品を買った後のメリットです。

例えば、脂肪燃焼サプリメントがあるとしますよね。
この脂肪燃焼サプリメントを買う人というのは何が欲しくて買うのかを考えるということです。

いくら、「この商品は脂肪燃焼しますよ!」「痩せやすくなりますよ」と熱く語ってもお客さんには響かないんですね。

脂肪燃焼効果があるというのは、商品の特徴でしかないわけです。

大事なのは、このサプリメントを飲んで脂肪燃焼した後にお客さんに訪れるメリット、幸せを想像させて上げることなんですよ。

例えば、女性であれば脂肪燃焼して綺麗に痩せて、「男性から綺麗になったねって言われたい」というベネフィットだったり、「着れなくなってしまったお気に入りの服をもう一度着れるようになりたい」っていうベネフィットも考えられます。

このように、その人が脂肪燃焼を達成した後にどんな幸せな未来が待っているのかを想像させてあげることが大事なんですね。

商品の特徴をベネフィットに変換してあげることが大事です。

セールスライティングには型がある

初心者がセールスライティングをいきなり書くって結構難しいですよね。

マーケティングや人間の購買心理も何も学んでいない素人がセールスライティングを書こうとしても何から書いてどんな順番で書いていけば良いかなんて分かるはずがありません。

セールスライティングの法則

  1. 注意を引く(Attention)
  2. 興味を持たせる(Interest)
  3. 欲求を掻き立てる(Desire)
  4. 行動させる(Action)

この法則に従ってセールスライティングを書き進めていくんですね。

まず、タイトルや導入文で注意を引き、興味を持たせます。

本文でさらに興味を持たせ、欲求を掻き立てます。

最後に、行動を促すといった流れです。

なんとなくで読んでいる読者の心をしっかりとキャッチする文の流れはこれだと、本書で書かれています。

あまり内容を説明しすぎるとネタバレになっちゃうのでこれくらいにしておきますね。

ウェブセールスライティング習得ハンドブックは和書だから読みやすい

こういったビジネス関連の本って著者が洋書を日本人が訳しているパターンが圧倒的に多いんですけど、ウェブセールスライティング習得ハンドブックは日本人の方が書いているのでとっても読みやすく、内容も頭に入ってきやすいんですよ。

洋書って無理やりな比喩が多いイメージなんですが、そういうのが本書にはほとんどありません。

また、ライティングの順番通りに書かれているので、この本を読んで書かれていることを実践するだけでセールスライティングが形になってしまいます。

Webでモノを売りたいという人は必読ですね。

こんな人にオススメ

  • ブログで集客したい
  • ブログで自分のサービスを売りたい
  • LPを作りたいけど、どう作れば良いのか困ってる
  • アフィリエイトで稼ぎたい

上記の人は特にオススメです。
ぜひ手にとって何回も読み返してみてください。

セールスライティングは一生のスキル

セールスライティングって人間の購買心理、行動心理を利用したものなので時代によって変わるとかありえないんですよね。

なので、一回身につけてしまえば一生のスキルになるんですよ。

職業は時代の変化によって廃れるものもあり、せっかく身につけたスキルも廃れてしまうことってよくある話ですが、セールスライティングは一生のスキルとなります。

しかも活用の仕方は様々。自分の商品を売るのに活用しても良いし、誰かの商品を売るお手伝いをしてフィーをもらうのもあり。

実力が認められれば大手の企業からも依頼がくるかもしれません。

セールスライティングのスキル一つ持っておくだけで、自分が商品を持っていてもいなくてもお金に変わるんです。さらに時代の変化の影響を受けないスキルなのでみなさん大好きな安定です。

今ならこの本が1000円割引でお得になってます。この割引はいつ終了になるか分からないので少しでも興味があれば今すぐ購入しておいた方が良いですよ。

ウェブセールスライティング

 

ウェブセールスライティング習得ハンドブック

著者:寺本隆裕

販売価格:3980円(税抜)→特別価格2980(税抜)







この記事が役にたったらシェアしてね!

ABOUTこの記事をかいた人

元パーソナルトレーナーで現在IT企業勤務。ブログで4万円程の収益をあげています。基本的にめんどうな事は嫌いです。 一度ハマると飽きるまで熱中するタイプ。