【口コミ】まるで固定回線!?民泊Wi-Fiを個人利用してみたからレビューする

スポンサードリンク

月末は必ず通信制限がかかってしまう。

 

あなたはこんな悩みを抱えていないですか?

ぼくの場合は本業もインターネット関連の仕事だし、家にいる時も外に出かける時もPCを使っていることがほとんどなのでインターネットがないと何もできなくなってしまうんですよ。

で、今までは大手キャリアのポケットWi-Fiを使っていたのですが、あれって無制限とか謳っているやつでも月末に通信制限かかるじゃないですか。3日間制限とかワケの分からん制限もあるし。

 

とはいえ、固定回線を引くと月に5000円とかかかるし工事もあるしで一人暮らしのぼくにはかなりもったいない。

そんな時にとても素晴らしいWi-Fiを見つけたんですよ。

 

それが、3日間制限なし通信制限なしの民泊Wi-Fi

この記事では民泊Wi-Fiを使ってみたレビューをお伝えしますね。

民泊Wi-Fiとは?

Airbnb(エアビーアンドビー)などの民泊では宿泊者にWi-Fiの貸し出しが必須となっているんです。

その民泊向けのWi-Fiがこの民泊Wi-Fiなワケです。

 

今回ぼくが紹介するのは民泊向けのWi-Fiなのですが、個人利用もできるのです。

まるで固定回線のような大容量通信に加え通常のポケットWi-Fiにあるような「3日間で〇〇GB以上使うと通信が遅くなりま〜す」というようなことも無いんですよ。これがぼくにとってかなり嬉しい。

持ち出し可能の固定回線とイメージしてもらって大丈夫です。

機種は大人気の303ZT又は305ZT

機種はワイモバイル社の303ZTか305ZTになります。

機種自体はワイモバイル社製のものを使うことになりますが、ワイモバイと契約をする訳ではないので安心してくださいね。ワイモバイルはソフトバンクの子会社です。

こちらが303ZTの機種。周りが少し暗いグリーンががっていますね。

ちなみにぼくは周りが黒いタイプの305ZTでした。残念。

この二つの違いは色くらいです。機能も同じだし、画面でのタッチ操作の仕方も同じです。

これは事前に選ぶことができないので送られてきてからの楽しみになりますね。

色にとことんこだわる人にとっては少し残念かもしれません。とはいっても2色しかないですが。

在庫状況につき他キャリアの機種になり場合もあるそうです。その場合も同程度の性能のものを取り扱うので安心してください

同時にインターネット接続できる台数はなんと14台!!

この民泊Wi-Fi一つでなんと14台も同時にインターネット接続できます。

スマホ、タブレット、PCはもちろん、ゲーム機にも接続できちゃいます。

複数人でもインターネットに接続できるので家族、友人同士で使うことも可能ですね。

友達がWi-Fi無くて困っている時に貸してあげれるようにもなりますよ。はい、信頼ゲット。

ストラ
通信速度に影響もないからこれめちゃいいぞ!

ちなみにぼくは、MacBookPro、iPhoneSE、AmazonのFire HD 8の3台を常に繋いでいます。

常に3台繋いでいても、今まで使ってみてイライラするほど遅くなったことはないです。

リンクをクリックして3秒以内にはページが切り替わりますね。

安心のソフトバンク回線だから地下鉄でもOK

この民泊Wi-Fiはソフトバンク回線なのでほとんどの地域でインターネットに繋がります。

ぼくは首都圏に住んでいるので、地方での使用感については正直分からないですが、今まで繋がらないという話を聞いたことは無いですね。

WiMAXと違って地下鉄でも余裕で繋がりますからね。

WiMAXは通信速度は早くて良いんですが地下鉄で全くと言っていいほど入らないんですよ。

ぼくの友人もWiMAXを使っていたんですが、家でも入らないとか言ってました。首都圏でですよ?

それを聞いてぼくはWiMAXだけはやめとこと思いましたね。

首都圏や関西圏は移動で必ずと言っていいほど地下鉄を使うじゃないですか。そこでネット入らなかったらスマホ見れないし、座れてもPC作業できないので超時間無駄になりますよ。

だからぼくはソフトバンク回線の民泊Wi-Fi

YouTubeもサクサク見れる

ぼくは、YouTuberの動画が好きで毎日YouTubeを見るんですが、このWi-Fiに変えてから驚くほどサクサク動画が見れるんですよ。

1日少なくても10本は動画を見てるんですけど、通信が遅くなったことは一度もないんですよ。

最強じゃないですか?これ。普通のポケットWi-Fiなら2日目くらいで死んでますからね。

 

スタバに行く回数が減ってカフェ代が浮く

民泊Wi-Fiを使う前は、Wi-Fiのあるカフェを探さなきゃいけなかったのでめちゃくちゃスタバに行ってました。

正直、スタバって高くないですか?

一番安いコーヒーのSサイズで302円ですよ?

ぼくの場合作業する時は3時間以上は滞在するし、なんだかんだで一回のカフェ代で平均500円くらい使ってましたよ

これ、月に10回行ったら5000円以上かかりますからね。

 

民泊Wi-Fiを使い出してからネット環境がかなり快適になったので基本は家で作業を行うようになり、結果的に3000円くらいはカフェ代が浮くようになりました。

今考えるとWi-Fiのためだけにスタバ行ってたのマジで超もったいないわと思ってます。

月々4500円で違約金も2年縛りもなし

民泊Wi-Fiの料金は4500円(税別)/月です。それと別に初期費用として契約事務手数料の4500円(税別)がかかります。

2年縛りもなくいつ解約してもOKです。さらに途中解約による違約金もゼロ。

これ、めちゃめちゃ助かります。

 

正直、最初料金を見たときは「ちょっと高いなぁ」と思ったんですが、今使ってみて大変満足してるんですよね。

固定回線を引くとしたら5000円くらいはかかるし工事も2年縛りもある。なのに外でWi-Fi使えない。

 

外でも家でも固定回線なみのクオリティで使える民泊Wi-Fiで月々4500円は妥当でしょ。

カフェ代を浮かせることもできるし。

料金には安心サポートパックが含まれている

それと実は、月々の4500円には月額980円分の安心サポートパックが含まれているんですよ。

 

安心サポートパックでできることは、

  • 本体(電池パック、電池カバーまで含む)はレンタル期間中は無制限に修理・交換してもらえる(送料だけかかる)
  • 6ヶ月以内毎に1回まで無料にて代替品をご提供(要代替品送料500円,返却送料、手数料1000円)。

このような故障、紛失した場合の保証がついています。

 

これなら、4500円の料金も納得ですよ。

他社だと、壊したとき2万円くらいとられますからね。マジで。

クレジットカード以外で支払いも可

この民泊Wi-Fiは請求書払いという方法で料金の支払いができます。

つまり現金で後払いができるんですよ。

支払いはコンビニ、銀行、郵便局のいずれかでできます。

クレジットカードを持っていない、クレジットカードの支払いは不安だという人におすすめです。

ただ、後払いの場合は手数料が205円かかるのでそこだけ気をつけてくださいね。

ちなみにぼくもこの支払い方法で契約してます。

民泊Wi-Fiをおすすめできる5つの理由

  • 通信制限、3日間制限がない
  • 全国ほぼどこでもインターネットに繋がる
  • 契約期間の縛りがない
  • 違約金がかからない
  • 安心の保証サービスが付いている

 

民泊Wi-Fiはネット利用をとっても快適にしてくれる

正直、民泊Wi-Fi文句のつけどころがないんですよね。

もう少しだけ料金が安ければなという思いも多少ありますが、価格以上の価値はありますよ。

通信制限がないって素晴らしいですね。毎日がめちゃくちゃ快適です。

7GB制限とか3日間3GB制限とかで悩まされているなら今すぐ民泊Wi-Fiにするべきですよ。アホらしいです。

 

正直一人暮らしならこのWi-Fiあれば固定回線は必要ない。

転勤などで引っ越しが多い人は引っ越しのたびに工事するのも手続きするのも面倒ですよね。

工事や手続き、通信制限に無駄な時間をとられるなら、2年縛りなし、解約金もかからない民泊Wi-Fiにした方が賢いですよ。







この記事が役にたったらシェアしてね!

ABOUTこの記事をかいた人

元パーソナルトレーナーで現在IT企業勤務。ブログで4万円程の収益をあげています。基本的にめんどうな事は嫌いです。 一度ハマると飽きるまで熱中するタイプ。