痩せないと嘆くより原因を探ろう

スポンサードリンク

「今よりも痩せたい」「早く痩せたい」

痩せるということに執着することは悪いことでもないですし、女性であれば永遠にキレイでいたいという思いが強いのは当然だと思います。

まだまだ薄着の季節は続きますので気にされてる方は多いかと思います。

ダイエットの方法や運動の仕方を求めてしまいたくなるのはわかりますがなぜこうなってしまったのかって考えたことありますか?

今回は原因分析の大切さについてです。

今の身体になってしまったのはなぜなのかを理解する必要がある

「痩せたい」「痩せたい」という先走りの気持ちは結果が伴わないと諦めにつながりやすいです。

ダイエットにおいても大切なことは原因を探るということです。

つまり、分析が大事です。

ダイエットに悩んでる方、全員が全員同じ原因ではありません。その方にはその方の生活習慣があり何か原因があって今の身体になってしまってるのです。

ですので、痩せる手段ばかり求めてもそれは根本的な解決にはならないのです。

痩せてはリバウンドが多い人はこの分析がうまくできていないことが多いです。

そろそろ太りすぎてやばいと思ったらログをつけること

しかし、なかなか生活習慣の分析と言ってもなかなか簡単にできるものではないと思います。

そこで僕がオススメするのが毎日の生活に「ログ」をつけることです。

その日の朝から夜までの食べたものをノートなどに書き、運動をしたらどんなことをしたのかを簡単に書くだけです。慣れてきたら行った時間なども記録できるといいですね!

最初は、継続して続けるのは難しいかもしれませんが、後から振り返った時に「あぁ〜この日こんなもの食べちゃってる」とか気づくことが多いです。その気づきがきっかけで人はどんどん考え方や行動が変わっていきます。

その結果「痩せる」という目標のクリアに近づきます。

普段は無意識に行動してることが多いのでなかなか普段の生活のなかで行動を変えるというのは難しいです。ログをつけて振り返りの時間を作ることでだんだんと意識も変わってくるかなと思います。

行動のログづけも習慣化

ズバリ、太ってしまうというのは日々の生活習慣が原因です。

食事や運動に問題があるからです。

悪い習慣をいい習慣と変えることさえできれば誰でも痩せることは可能です。

「運動が嫌い」という人は運動が嫌いなのではなく習慣化することができないのです。

「痩せない」と嘆いてる人は痩せない生活が習慣となり痩せない生活を送ってしまってるのです。

一回の努力で目に見える変化というのはありません。

どんなこともすぐには結果の出ないことを継続できるかどうかで成功か失敗に分かれます。

どうしても続けられないという方へ

それでも「どうしても続けられない…」という方は是非パーソナルトレーニングを受けてみることをお勧めします。人間はどうしても一人だと自分に甘くなってしまいます。

パーソナルトレーナーは「ダイエットを成功させて痩せさせる」というように結果に導くのももちろんですが、習慣化できない人をトレーニングをやらなきゃいけない環境作りも行います。痩せるためにはライフスタイルにフィットネスが組み込まれている必要がありますのでお客様のフィットネスライフを作り上げます。

「普段運動が嫌いな人でもできるの?」と思ったあなた!

安心してください。運動が嫌いなのは運動の楽しみを見つけられていないのです。

運動の楽しみ方は人によって様々ですが、僕はお客様に合わせて楽しみを構築させていただきます。

 







この記事が役にたったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

元パーソナルトレーナーで現在IT企業勤務。ブログで4万円程の収益をあげています。基本的にめんどうな事は嫌いです。 一度ハマると飽きるまで熱中するタイプ。